興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

浅ましくて卑しい女にはなりたくない

前の記事を読み返してみて思ったのですが、 服装って見た目の話なので、中身は関係ありません。 見た目ばかりに気を使うと「浅ましくて卑しい女」になっちゃうかもですね。 思い出したのですが、チャッピーは以前の記事で、 見た目ばかりに気を使って中身が…

恵比寿マスカッツに学ぶマーケット感覚

もう一ヶ月近くも前に放映されたマスカットナイトの話になっちゃいますが、メンバーの私服抜き打ちチェックの回、とってもインパクトありましたよね!(あいかわらずレスポンスが超遅い (;^_^A アセアセ・・・) ところで、このブログのテーマは「マスカットナイト…

世の中を悲観する人たち

お金の受け渡しのある人間関係に、 「金の力で相手をコントロールする」みたいな 権力構造ばかりを感じ取ってしまう人というのが、世の中にはいる気がします。 もちろん実際には、相手の思いに共鳴して応援したり、感謝の気持ちを表したり、 お金を渡す行為…

【現実逃避シリーズ】努力せずに成長する方法

能力を向上させることを「成長」と呼ぶのだとしたら 老いは衰えでしかないけれど、 余計なものを捨て去ることを「成長」と呼ぶのだとしたら 老いはむしろ、さらなる成長のチャンスにもなる。 ただ、そうだとしても、まずは、 何が余計なものか?何が余計でな…

消費するだけのニートの人生も使命感があれば・・

死んでから「画家」として有名になったゴッホも、 生きている間に売れた絵は一枚だけだったそうなので、 今の定義なら「ニート」の人生だったんでしょう。 歴史をもっと遡れば、 労働は卑しいものとされていた世の中もあるということだから、 収入には結びつ…

承認欲求ではなく使命感でブログ更新し続ける私

頑張って面白いブログを目指しているつもりなのですが、 いつまでたっても得られる共感は少なくて、アクセス数は伸びません。 ブログを通した承認欲求ってあんまり満たされません。(ノд-。)クスン こんなにも共感が得られないことが分かってくると、 自分の考え方…

無責任な正義感の自己正当化

社会制度を作る仕事に携わる人は、 強い正義感を持った人が望ましいと思います。 ですけど、そういう人ばかり集まるってとこには落とし穴があって、 正義感のかけらもない人の行動に想像が及ばなくて、 間抜けな制度を作ってしまいがちってことです。 なので…

「世の中ゲーム」のチュートリアルを楽しもう!

「世の中ゲーム」の仕組み・仕様を理解するツールとして役立つ情報は、 いろんな学問分野で膨大な蓄積がされてきました。 ネット上にはものすごく沢山の情報があって、 検索ツールを使って、関心・疑問を持ったことの関連情報に そのつどアクセスできる。 こ…

権威を作り出す人たちと解体していく人たち

その昔、労働から解放されていた貴族たちは、 スポーツという娯楽を生み出してそれを「崇高な行為」と位置づけました。 そして、 「崇高なスポーツをする自分たちは、生まれながらにして価値ある特別な存在なのだ」 と主張していました。 ところが、やがて庶…

【目的合理性の追求】アイデンティティ・ゲームから降りよう 

人って、子供のころから刷り込まれてきた価値観に縛られてしまいがちですよね。 たとえば 「勝つことは誇らしいこと、負けることは惨めなこと」 で、昔のチャッピーは、いつも目の前の相手に勝とうとしていました。 でも、本当にいつも勝つことがいいことな…

人類が目指す究極の世界

唐突ですが、 人類が目指す究極の世の中って、どんな世の中だと思いますか? チャッピーが想うのは・・・ 人が生きて行くうえで基本的に必要なことは全部、機械がやってくれて、 人はルールに則ってやりたいことだけをやりたいようにやってれば、 サステイナ…

【祝!100記事達成!!】夢や感動を共有する世界へ!

というわけで、めでたく100記事を迎えました!! 記念すべき100記事目の内容は何にしようか?と考えていましたが、 前記事の流れで「理性を失って」で検索してみたところ、 恵比寿マスカッツの湊莉久さんがトップに表示されました。 ということで、彼…

理性に縛られる愚かな私

世の中には二種類の人間がいると思います。 一つは、いつも理性的であろうとする人、見方を変えれば、 理性的であることに捕らわれてしまう人。 もう一つは、理性的であることに捕らわれていない人、です。 で、チャッピ-は、良くも悪くも前者だと思ってい…

闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう

今の日本って、いろんな制度が行き詰まって矛盾をきたして、 今までの常識がいろいろ通用しなくなっている。 で、「今までの生き方や価値観に捕らわれていたのじゃいけない」 多くの人がそうは思っています。 だけどじゃあ、この私はいったいどう生きたらい…

自己利益を拡大しあう長期的Win-Winの関係

企業と企業の業務提携は様々な業界で行われています。 両社の想いが一つになり、同じ夢を見て、共に成長していく・・ 暖かな信頼関係が育まれ、未来への希望が広がってゆきます。 企業の目的は利益を生み出すこと、 そして企業同士の提携もお互いの利益拡大…

成功を手に入れるための手段 幸福を手に入れるための手段

社会的成功を追い求めていたのが男性だけで、 女性はもっぱら幸福を追い求めていた時代が、 かつての日本にはありました。 そこでは女の性は、男の愛を獲得するための手段で、 幸福を手にいれるための手段だったのでしょう。 女性も社会的成功を追い求める今…

祝!ブログ開設一周年!

どこまでネタとモチベーション続くかな? そんな思いはいっつもあったけど 飽きっぽいチャッピーが 行き当たりばったり 何とかめでたく開設一周年を迎えることができましたー!! ・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ very d(*⌒▽⌒*)b good 。・:*:・゚★,・:*:・゚☆ 激動の時代、常識を…

アダルト向け産業で期待される女性の活躍

エロに肯定的な目線でその文化や産業を語ることって、男性がすると「男性中心の身勝手な意見」と批判にさらされる。 それで、愛好家向けの限られた市場に閉じ込められがちなんだと思います。 そう考えると、そこには女性の活躍が期待される未開のフィールド…

憧れの職業の男女比率と社会の進歩

漫画家、作家、演出家、ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、ミュージシャン、メイクアップアーティスト、スタイリスト・・・世の中には、多くの人が憧れるけど、選ばれた人しか就けない職業って、い…

生き方は人それぞれだけど

平穏を好む人、ハラハラドキドキを好む人、一途に何かに熱中する人、飽きっぽく移り気な人、いつも人と競い合いたい人、マイペースな人・・どんな状態を心地よいと思うか、そしてもちろん能力だって、人はそれぞれにまったく違う。 どんな生き方がいいかなん…

あけましておめでとうございます

人生って、難問解決プログラムを楽しむ特別なプレゼント、 そう考えてるチャッピーは好奇心マニアの変人ですが、 私以外、私じゃないし。 今年も一年、 理解できないものを理解したいと思う好奇心を原動力にして、 私の歩幅で生きていこうと思います。 誰か…

とにかく明るい下請け根性・社畜根性

「あなたについていきます。あなたのために尽くします。だからお願い、見捨てないでね。」 自分では将来設計ができず、未来を選び取る主体性は無いままに、 ただ目先の仕事が無くなることを恐れ、元請から、会社から、言われるがままに愚直に尽くす。 チャッ…

多様性を楽しみながらムーブメントを楽しもう!

アイドルには特に興味が無かったチャッピーですが、育成型アイドルを盛り上げて「みんなで武道館に行くぞー!」みたいなムーブメント、当然、勝ち戦になれば充実感や達成感があるんだろうなーとは想像します。 中でも一番楽しいのはきっと、すでに注目されて…

【一億総活躍社会とは?】有名人はヤジられることでおいしいポジションに

どうしたらリアルなこの世界で活躍して楽しめるかなぁ?・・・ このゲームを前向きに楽しもうとする人たちがいる一方で、 どうやっても楽しめるとは思えなくて、 諦めてしまう人たちだってでてくるのでしょう。 そんな諦めてしまった人たちでも、活躍してい…

いろんな欲求が解放された今の時代、男性に多くを求め過ぎても・・

お金だけが目的で男性と付き合う女性というのは、昔からけっこういたみたいですが、身体だけが目的で男性と付き合う女性というのは、なぜだか昔はあまりいなかったみたいです。 男性に多くは求めない割切った女性というのは、いつの時代にもいるけれど、 昔…

女性の経済的自立と男離れ

今、キャバ嬢や風俗嬢などの世界では、プライベートは女性と付き合う人が増えてきているのだそうです。 男に失望して…ノンケなのに女性との出会いを求める女性たち 男の本性が見え過ぎてしまうと、本当に心安らげる関係は女同士になる・・そこはレズビアンで…

現代アートとハンディキャップ原理

チ○コの歌に感動したところで、思い浮かんだアート作品があります。村上隆さんのマイ・ロンサム・カーボーイというフィギュア・・・この作品は2008年のオークションで16億円で落札されたのだそうです! もっとも初めて見たときは、「ただでもいらない…

エロ替え歌が人を感動させることもある!

初期の恵比寿マスカッツの中心的なメンバーだったみひろさんは、半年ほど前に結婚されているんですよね。 みひろさんはテレビ北海道のバラエティ番組「新よるたま」に出演していますが、 最近のよるたまを見ていると、自分のプロフィールに「人妻」が加わっ…

自由に浮動する知識人~偏見との戦い

毎日生まれの私 今日の私は、昨日の私とは別人なの。 今、あなたの目の前にいる私を、ちゃんと見て。 今の私として、真っ直ぐに見つめて欲しい。 私を偏見の目で見ないで。 ・・・・・・・・・ 強力な偏見と戦いながら、今日も私は生きてゆくのです。

笑う門には福来たる

人はそれぞれに幻想を信じながら、苦しみや悲しみや空しさや不安を紛らわせて生きているよね。 信じる幻想が違えば、 幻想同士が対立してしまうこともあるから世の中にはいざこざも絶えないけど、 みんないろんなものを抱えながら頑張って生きているのだから…

せっかくだから一億総活躍社会に絡めて語ろう

マスカットナイト5回目の放送は、早くもOGが乱入して現メンバーに渇を入れる、という展開でしたね。 いやー、さすが!って感じの怒涛の面白さ。みんな、ブランクを感じさせないどころか、ますますキャラに磨きがかかっていて、その実力をあらためて見せつけ…

境界線を突き崩してゆくもの

早くも恵比寿★マスカッツのデビューシングル、TOKYOセクシーナイトのジャケット写真が公開されていますね!そして、川上奈々美さんとティアさんがセンターなんですね。 なんかカッコいいですよね!美しき戦士たちって感じの凛とした雰囲気! ところで、…

女のゴリラ萌えと、男のドール萌え

チャッピーは割と最近知ったのですが、今、ゴリラに萌えるゴリラ女子というのが増えていて、東山動物園のシルバーバックのゴリラ「シャバーニ」は写真集も出て人気沸騰中だそうですね。 たしかに私から見ても、彼の眼差しとか立ち振る舞いって、力強いイケメ…

競争原理と選考基準~出世志向とプロ彼女志向

特権によらずに魅力あるポジションを手に入れるためには、競争に勝って選ばれる必要がある。その選ぶ基準を決めるのは、選ばれる側ではなくて、選ぶ側・・・ 普通の人は受け入れている競争原理を、受け入れられない人たちのエネルギーって、どこへ向かってい…

会話ロボットとアバンチュールと明日花キララ 

カナダの出会い系サイト、アシュレイ・マディソンで、ユーザー情報の漏洩事件がありましたが、このサイトでは人妻に成りすました会話ボットがサクラをしていたことが明るみになって話題となっています。 男性の相手は「会話ロボット」、不倫サイトが見せた技…

私は何マニアなのだろう?と考えてみた

自分のことを**マニアと自称する人っていますよね。 マニアっていうのは、何か一つのことに強く入れこんでいて、「人がどう思おうと、私はこれが好き」そう言えるものを持っている人だろうと思います。 ところでチャッピーは、何かのマニアと言えるような…

逆勝負パンツ着用における、エロスとギャグの逆転効果

漫画家、峰なゆか氏の考案した「逆勝負パンツ」に関して、特筆すべき現象が発見されたので、ここに報告する。 逆勝負パンツとは、デートで安易に身体を許さないよう自制するために着用する下着であり、男性には見られたくない色気のないダサいパンツのことで…

序列づけたい欲求と多様性フォビア

チャッピーのように底辺企業にいると、AV女優さんや性風俗で働く女性を見下す人なんて考えられないので、ネットで差別するような意見を目にすると、異様に感じてしまいます。 この違いはどういうことなのかな? と考えてみました。 まず、うちの会社の女性の…

同性婚を認めて結婚ニーズのミスマッチ解消を

引き続いて同性婚について考えていましたが、 もっともっといろんなメリットがありそうですね! バリキャリ系独身女性で 「既婚男性は奥さんが家事をやってくれるから羨ましい。私も奥さんが欲しい」 そう言う人ってけっこういますよね。 一方では、専業主婦…

同性婚を認めて少子化解消を

欧米各国では、同性婚が可能な国が増えてきて、 日本でも議論されているそうです。 チャッピーも同性婚について考えてみました。 結婚制度って、子育ての共同プロジェクトを保護するって意味合いが 強いと思っています。 けれども現実には、今の日本では結婚…

セクシーアイドルグループ・恵比寿マスカッツ再結成!冠番組マスカットナイト放送決定!

「一番愛されるのはクラスで2~3番目」などと言われてきたアイドル界にも、 正統派回帰のトレンドがあるようですね。 そんな流れで注目されているのが、乃木坂46センターの白石麻衣さん。 まさに正統派で清純派の美人なわけですが、 一方で、あまりに整った…

待ち望まれているのは、グローバルな視野を持ったダイバーシティ時代の若手女性リーダー

澤穂希さんの結婚が報じられましたね。おめでとうございます!って、いつもレスポンスが遅いチャッピーです。 澤選手といえば、「苦しいときは私の背中を見なさい」という男前すぎる言葉で有名な、日本女子サッカー界の名リーダー。そんな彼女は、「スポーツ…

好き嫌い無くみんなを愛せる人

恵比寿マスカッツで「適当すぎる新人」キャラだった里美ゆりあさんに チャッピーはとっても惹かれてしまいます。 里美ゆりあさんのインタビュー動画をみつけました。 (前半は露骨な性的表現ですので、興味ある人は自分で探してください) ファッションも自…

好き嫌いを減らして楽しいことが多い人生を

何かと神経質で好き嫌いが激しくて、楽しめる範囲が狭い人よりも、 いろんなことを幅広く好きになって、 おおらかに楽しめる人になりたいと思っています。 ところで、好き嫌いってしょせんは思い込み。 例えば松茸のかおりって、日本人は大好きだけど、西洋…

ファンタジーと現実の区別がつかない人たち

当たり前な話だけど、 食欲旺盛な女性が、 将来を考えずに食べまくる愚かな女ってわけではないように、 性欲旺盛な女性が、 将来を考えずにセックスしまくる愚かな女ってわけではありません。 食欲旺盛な努力家もいれば、性欲旺盛な努力家もいる。 食欲旺盛…

女から男に変身するライフスタイル

はるな愛さんが、最近は男に戻りたい気持ちとで揺れているという 記事を読みました。 男装している時は、女性を守ってあげたいという気持ちが芽生えるのだそうです。 はるな愛さんの男装姿(ケンジ)ってすごいイケメンだから オネエやってるのはもったいな…

努力を厭わない人が飛び込む世界

普通に考えて、 努力を継続したくない人、楽をしたい人は、 どうにかして将来が約束される地位を手に入れて、 それにしがみつく生き方をするのが合理的ですよね。 それに対して、プロスポーツ選手とか、 フリーランスのジャーナリストとかデザイナーとか、 …

エリートと多様性

底辺企業のデタラメ感満載な状況はともかくとして・・・ 恵比寿マスカッツって、多様な人材を効果的に活用していた組織と言えますよね。 バラエティーはキャラが立ってなんぼの世界。 そして恵比寿マスカッツを通してみんなが知ったことの一つは、 「一流のA…

早くからダイバーシティ・マネジメントを取り入れていたモデル企業

例外もあるでしょうが一般的には、 エリートっていうのは規範意識の高い人たちで、 逆に底辺の人間っていうのは規範意識の低い人たちですよね。 底辺企業には底辺の人間が集まるんでしょう。 チャッピーのいる会社も例外ではなくて、 役立たず、ヘタレ、嘘つ…

性行動の二極化を防ぐには~取引コストと長期継続的関係

一昔前の女子のスタンダードな気持ちは 「抱かれたいのは彼氏だけ」でした。 けれども時代が変わって、今の女子のスタンダードは、 「抱かれたいのはイケメンだけ」になっています。 それでも、抱かれることのメリットが他に何かあれば話は別、 という考えも…