興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

【イディオシンクラシー化】AI時代を生き抜く知恵はチェキに学ぼう!

f:id:chachappy:20180302221943p:plain

テクノロジーが進歩して、そのうち人間の知能をAIが上回ってしまう、
そんな未来を人間はどう生きればいいか、なんてちょっと騒がれていますよね。

でも、チャッピーが思うのは・・・
テクノロジーがすごい進歩して「できること」が広がると、
人間の存在価値は逆に「できないこと」とか「ダメなとこ」に
見出されるようになるんじゃないかな?ってこと。

 

参考になるのがチェキの例です。

デジカメがすごく進歩して、カメラ任せで誰でもちゃんと撮れて、
高画質で加工も自在、圧倒的に便利になりました。

でも昔からあるチェキは逆に、複製できないし画像を加工できないし・・
「できないこと」があるから、存在価値を見出されて重宝されています。

 

「私のことを一番よく分かっているのはこのロボット」
「私のことを誰よりも大切に思ってくれるのはこのロボット」
やがては高性能な愛玩用ロボットが普及して、たっぷりの愛情と承認とを、
誰もがロボットから得られる日が来るのかもしれませんね。

今だってすでに、ロボットと結婚したいっていう人がいるくらいです。 

同性婚の次はAI婚か…ロボットと恋に落ちた仏女性「結婚合法化されたら一緒になる」

 

一方でそういう時代になると、人は人に何を求めるようになるのだろう?・・

人間は、複製できないし、リセットできないし、簡単にはレベルアップしないし、
思いのままにいかないし、不器用だし・・
ロボットよりも劣っていて不自由なところがミソですよね。

ダメなとこだらけの人間だからこそ生まれる物語があるし、感動がある!

 

そして未来に向かって行く私たち人間は、
「まだできないこと」「もうできないこと」「じきにできなくなること」
「はなからできないこと」
・・それらを価値に変えるしくみを、もっと広げていくことが大事だと思います。

そうして、一人ひとりのダメな部分がその人の個性として、いろんな方法で珍重される
・・そんな未来を想像すると、なんだかワクワクしてきますよね!