興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

消費するだけのニートの人生も使命感があれば・・

f:id:chachappy:20160319132404p:plain

死んでから「画家」として有名になったゴッホも、

生きている間に売れた絵は一枚だけだったそうなので、

今の定義なら「ニート」の人生だったんでしょう。

歴史をもっと遡れば、

労働は卑しいものとされていた世の中もあるということだから、

収入には結びつかない活動、今なら消費活動と言われるものにこそ

価値が見いだされていたってことなんでしょうね。

 

たとえどんなに価値ある活動をしていたとしても、

その価値が認められるのがずっと先のことだったら、

認められるまでは生産活動にはならない。つまりは消費活動になる。

あるいは、どんなに価値ある活動をしていたとしても、

その価値をマネタイズできなければ消費活動。

今の時代、多くの人が直ぐに価値と認められるものを生み出して、

それをお金と交換して生活しようとします。

つまり生活のために生産活動に勤しみます。

 

逆にその必要のない恵まれた境遇にある人ならば、

今は価値として認められなくても将来には認められる、

そう信じるものを追求したり、

マネタイズできないような価値を提供したり、

そんな生き方も選択肢になります。

消費するだけの生き方に使命感を見出す人もいるでしょう。

 

あるいはそこまで恵まれていない人にだって、

生活のためお金のために生産活動をしながら、

別にもっと価値あると信じる消費活動に使命感を見出す、

そういう生き方もありますよね。

 

そう!大切なのはやっぱり使命感!

興味本位を貫くことへの使命感、ぐんぐん高まってきたぞ~!

 

chachappy.hatenablog.com