興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

グローバルプレイヤーとローカルプレイヤー

 

「らしさ」に拘る生き方と、囚われない生き方について、考えてみました。

「らしさ」の意識は、歴史的・文化的に形成されたものとしてあります。

 

昔は「女は女らしく」と、全ての女性に女らしさが押し付けられていました。

けれども現代は選択の自由が広がったので、
女らしさには囚われない生き方が広がってきています。

でも一方では、「女子力」とさかんに言われるようにもなりました。

つまり一つの選択肢として、女らしさを積極的に活かす生き方も、
注目されるようになったわけです。

 

ところで、グローバル化が進んでAIと共生するこれからの時代、
選択の自由はさらに広がって、
人間らしさには囚われない生き方が広がっていくのでしょう。

そうして別の選択肢として、人間らしさを積極的に活かす生き方も、
注目されるようになりますよね、きっと。

 

国境も文化も乗り越えて繰り広げられる熾烈なグローバル競争。

そこでは、AIや先端テクノロジーをフル装備して、
超人間へとアップグレードした者たちの闘いが繰り広げられるのでしょう。

明文化されていないルール(社会通念)には目もくれず、
明文化されたルールのギリギリ内側を攻めて、
ミッションを最短でこなすグローバルプレイヤーたち。

目的達成のための最適解を躊躇せずに選びとって、
素早く実行した者が勝者となります。

心理的な障壁があるとしたら、その壁を打ち壊すこと・・

文化を乗り越えるグローバルプレイヤーにとって、
文化的に形成された「人間らしさ」も、乗り越えるべきもの。

リーダーにはサイコパシーが必要とも言われていますよね。

 

でもそんな世界が広がるほど逆に、「人間らしさ」を積極的に活かす生き方も、
ますます注目されるようになるのでしょう。

たいていの人が魅かれるのが、やっぱり人と人との絆です。

地域に根ざしたローカルプレイヤーにとっては、
昔ながらの義理人情みたいな人間らしい世界って、
きっと今以上に大事になってくるのでしょうね!

 


【勇気づけるストーリー】花嫁は夜汽車に乗って嫁いでゆくの

f:id:chachappy:20181013215141p:plain


日本が物質的な豊かさを追い求めていた工業化時代、
故郷を離れて工場で働く生活に、
豊かな未来を思い描いた若者がたくさんいました。

土地への愛着がとても強かった日本人だけれど、
「永遠の愛を誓い合った二人が新たな地で豊かな家庭を築くストーリー」や
「日本人の忠誠心・勤勉さで欧米に追いつくストーリー」といった
とっても魅力的なストーリーがあって、
みんなで同じストーリーを共有していた。

若者たちはそんな日本を信じることで、
故郷への執着を手放して、前に踏み出す勇気を得たのでしょう。

そして当時の音楽も、そんな時代に向き合う人々を勇気づけていました。

 

じゃあ、物質的な豊かさの追求が目的ではなくなった今日、
私たちはどうやって豊かな未来を思い描けばいいだろう?

・・価値観が多様化して社会が流動化して、確かなものが何も無い時代。
みんなで共有するストーリーもありません。

そんな中、私たちは魅力的なストーリーを自分自身で見つけ出して、
自分を信じることで不要な執着を手放して、
前に踏み出す勇気を得る必要があるのでしょう。

もちろん今の音楽も、そんな時代に向き合う私たちを勇気づけてくれています。

 

それは分かっていても、
世の中、自分だけを信じて突き進める人ばかりじゃありませんよね、やっぱり。

仲間と共に立ち向かう中に、喜び生きがいを感じる人も多い。

グループアイドルの人気だって、
仲間を信じて同じ目標に向かって進むストーリーに、
美しさを見る人が多いからでしょう。

組織の掲げる一つのビジョンに向かって団結して突き進む、
古臭く見えるのかもしれないけど、そんな生き方には変わらぬ魅力がある。

一人ひとりが自分のストーリーを生きる時代だからこそ、
会社が提供してくれるストーリーの意味は、大きくなっているのでしょうね。

 


『花嫁』 はしだのりひことクライマックス (昭和46年)

 

 

  

社会的地位にこだわる古臭い人

f:id:chachappy:20181006175855p:plain


昔は多くの人が、権威あるブランドを使って「自分は特別な存在だ」って
価値を示そうとしていたのだと思います。

 

会社員なら「有名企業の**長」という会社ブランドがあったし、
お受験ママが手に入れたかったのは
「有名校に通う子供の母親」という学校ブランド。

あとは「ブランド品のバッグを持ってる自分」みたいな持ち物ブランド。

もうちょっと特別な存在になりたい人には、
「**主義者」っていう思想ブランドもありました。

 

ところで今の時代に意識されるのは、パーソナルブランディングです。

 

思うのですが、
ほんとは昔から、みんな自分ブランドで生きたかったのでしょう。

でもメディアの限られていた時代にそれができる人って、
作家とかデザイナーとか芸能人とか、ごくごく限られた人だけでした。

だからネット社会になって誰もが情報発信して、
自分を自由にブランディングできるようになると、
自分の価値を示す手段としての、権威の魅力も一気に薄れるわけです。

 

もっともこんな変化の激しい時代、だからこそ、
権威あるブランド価値に頼りたいって気持ちも分からなくはありません。

ただ、社会的地位とかにこだわる人が古臭く見えてしまうのは、
しかたのないことなのでしょうね。

 

 

【人格の外部化】クラウド上のAIアシスタント、クラウド上の私

f:id:chachappy:20180925231555p:plain


こんな頼れるAIアシスタントと暮らせる日も、もうすぐでしょうか?
ワクワクしますね。

・・・・・・・・

パーソナルAIアシスタントが、いつも私に寄り添って経験を共にして、
共に考え、いっしょに過去の記憶を呼び出してくれる。

AIは私の選択肢を示してくれて、
そのフィードバックで私の思考パターンや行動パターンを学習。

そうしてどんな時もチャッピーの気持ちを先回りして、
ベストな指示を出してくれるようになる。

・・そうなれば、それはもうチャッピーの人格の一部と言ってよいのでしょう。

 

私みたいな横着な人間ならば、自分の脳みそに記憶しようなんて気もなくなって、
どうするのがいいか自分で考える気力も無くなって、
記憶力も思考力も退化しちゃうかも?・・
私の意思はすっかりアシスタント任せになりそうです。

もう完全にAIアシスタントあっての私、
アシスタント無しでは生きられない(笑)。

 

現在の人たちがスマホ無しの生活は考えられないように、
何年か先の人たちは、AIアシスタントとARグラス無しの生活は、
考えられなくなるのかも知れないですね。

 

そして私専用のARグラスをかけて、
私のパーソナルアシスタントにアクセスすれば、
私好みの世界が広がって、私向けの指示を出し続けてくれます。

仲良い人同士、たまにはメガネを交換する気分で人格を交換する、
そんな楽しみ方のできる未来が待っているのかも知れませんね!

 

chachappy.hatenablog.com

 

【記憶の外部化】AIアシスタントと接客の未来

f:id:chachappy:20180924233418p:plain

 

チャッピーは昔、短い間でしたけど
インテリアショップで働いていた時期がありました。

実は私、人の名前と顔が絶望的に覚えられないのです。

それで「自分は接客業には向いていないな」とこのとき思い知らされました。

 

それでも、ARグラスとAIアシスタントが進歩すれば、きっと
こんな私でも小売店販売員が務まる日が来るのでしょう。

 

AIアシスタントが瞬時にお客さんとの過去記憶を呼び出してくれて
会話のアドバイスもしてくれる。

「そうですよね、たしかあの時**さんは**とずいぶん迷って、
結局**を購入いただいたのでしたよね。結果どうでした?」
・・メガネに映像や記録が映し出されて、
自分の脳みそでは思い出すことはできない記憶を、
クラウドサーバーから呼び出しながら会話する・・

そんな接客がそのうち当たり前になるのでしょう。

 

「思い出す」のは私の脳みそじゃなくて本当は、
脳機能を補完してくれるAIアシスタント。

でも、お客さんからしたら私の脳が思い出したのと区別つかないから
同じことです。

 

もっともそうなると店員さんは、勤務中の外部記憶の所有権を、
お店側に渡す条件で働くようになるのでしょう。

どうせお店を辞めたら要らない記憶だし。

そして今度は、入ったばかりのバイト店員さんも
ARグラスをかけることで、過去に働いていた人の「記憶」を呼び出して、
同じように接客できるようになります。

 

名前も襲名制にして、「3代目チャッピー」とかならば自然ですね!

お客さんにしてみれば、過去に購入した家具とか趣味とかライフスタイルとか、
なんでも分かっていてコーディネートまで親身になって相談にのってくれる
「信頼できる店員さん」は失いたくないでしょう。

慣れるまでは、ちょっと気持ち悪いと感じるのかもしれませんけど、ね!

 

chachappy.hatenablog.com

 

人格を尊重するように、AI格を尊重しよう

AIは心を持つ?・・・

チャッピーには難しい話は分かりませんけれど、
人と区別のつかないレベルの会話ができる、
心が温かく通いあうAIが生まれたら、
人は自然と心があるものとして接するようになりますよね。

逆にそうじゃないとまずいと思います。

だって人と区別がつかない相手との会話、
電話でAIだと思って横柄に対応していたら、実は人だった、とか困りますから。

 

人と人は合わせ鏡です。

自分を尊重してくれる相手に対しては、
自ずとこちらも相手を尊重しようと思うでしょうし、
相手がAIだったとしてもそれは同じ。

丁寧な対応をしてくれるならば、こちらも丁寧な言葉使いになるでしょうし、
信頼しあえる良好な関係に囲まれていたいですよね。

 

相手の人格をちゃんと尊重しようと思うように、
相手のAI格(?)もちゃんと尊重しないといけませんね。

【AIファーストの時代】内集団バイアスから自由になろう

 

テクノロジー進歩のスピードにはいつも驚かされます。

人間のような自然な会話で電話予約をする「Google Duplex」の凄さと課題

いかにも無機質なロボット音声って、
SF映画の中の、懐かしい存在になりつつありますよね!

人間と区別のできない高度で温もりのある会話をする
AIエージェントと共に暮らす日も、そう遠くない気がします。

 

そしてビジネスの世界はもう、
「ヒューマンファーストからAIファーストへ」
AIの活用が勝敗を分かつ時代に入ったと言われています。

 

ビッグデータから学習するAIは、バイアスの無いデータで学べば、
バイアスのない判断ができるようになるのでしょう。

一方で人間の判断にはどうしたってバイアスが含まれます。

人間らしさって、バイアスにこそあるのかもしれませんよね。

限られた経験を元に一般化して決めつけてしまいますし、
内集団バイアスで自分たちの自尊心を維持します。

 

自分の中のバイアスを取り払おうとするオープンマインドな人は、
積極的にAIとの対話を通じて
人間というカテゴリーの内集団バイアスから自由になって、
認識や価値観を改めようとするでしょう。

チャッピーも人間らしさには囚われない広い心を持ちたいな、と思います。

 

いつまでも人間のちっぽけなプライドにしがみついていると、
変化に取り残されてしまう。

つまらないプライドは脱ぎ捨てて、未来に向かって羽ばたきたいですよね!

 

chachappy.hatenablog.com