興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

自分らしさの選択:批判者の道、学習者の道

f:id:chachappy:20180303135450p:plain


人間、生きていればみんな、何かしら世の中に対する不満って持ちますよね。

その不満を掬い上げて、「そうだそうだ」って
共感を生む世界観を作れれば、そこには大きな需要があります。

 

「あなたが生きづらいのは世の中の**が悪いから」
・・生きづらさを抱えている人に向き合って、
その原因を特定して批判してくれる人がいる。

そのお陰で、同じ不満を持った人たちが一つの敵に向かって団結できるし、
目的意識を共有してハリのある毎日を送れるようになります。

 

団結の核となる不満が、昔からの状況に対する不満であれば、
「今はこうだけど、これから世の中はこうなるべき、変えていこう!」。
それが変わってきた状況に対する不満であれば、
「最近の世の中はこうだからダメなんだ、昔のよさを取り戻そう!」。

 

世の中を批判してコントロールしていこうと考える人がいる一方で、
不満を抱いてしまう自分の価値観の方を疑って、
自分自身をコントロールして変えていこうと考える人もいますよね。

 

で、けっきょく、私はどんな態度を選べばいいだろう?
・・何が正解かなんて言えないけれど、
いろんな選択肢があるってことを理解して、自分らしさって何かを吟味して、
その上で選び取りたいな!