読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

【バリュープロポジション】女ブランドから自分ブランドへ

社会 表現者 結婚

f:id:chachappy:20161202005427j:plain

 

世の中には伝統あるブランドというのがあります。
ブランドにはその歴史が形作る価値があって、ブランドへの信頼があります。
そしてブランド価値というのは、そこに属する人全員が、特別な存在を支える一員としてプライドを持ち、相応しい行動をとることによって守られていくものなのでしょう。
プライドを忘れて、目先の利益だけを追い求めるような軽々しい行動に走れば、ブランドへの信頼は損なわれて、その価値は崩れてしまいます。

  

ところで、昔の日本には「女ブランド」というブランド価値があったように思います。
日本女性は、子供のころから「女としてのプライド」を持つように育てられていた。たとえば、「目先の利益につられて軽々しく身体を許さない」といったことが、「女のプライド」として教え込まれたのでしょう。
極端に言えば、歌舞伎役者の息子が、将来の生き方を決められて、相応しい心構えや身の振り方を小さいときから教え込まれるように、女としての生き方を決められて、相応しい心構えや身の振り方を教え込まれていたわけです。

 

「女のプライド」を女たちが持つことで守られた「女ブランド」の価値ですが、それはすでに過去のもの。女の生き方が多様化して、身の振り方も人それぞれになりました。「女のプライド」って言葉も、今ではピンと来ない言葉ですし。

そして「女のプライド」によって生き方が制約されていた時代であれば、逆に「女のプライド」を捨てて裸になれば、アウトサイダーとして生きていける道もあったのでしょう。けれども今はもちろん、そんな時代でもありません。

 

昔は女性であれば、そこに「女ブランド」という特別な価値が付いてきた。だから周りに合わせていれば、普通の女性が普通の幸せを手にすることができたのでしょう。ですが今の日本では、普通の女性が普通の幸せを手に入れることは、普通にしていたらできません。

女性の生き方の自由度が広がったかわりに、「女ブランド」の価値が崩れて、それに頼ることが出来なくなった、ということだと思います。

 

そしてそういう時代だから、豊かな人生を歩むには、自分の価値をどう世の中にアピールしていけばいいのか、バリュープロポジションをしっかり自分で考えて、「自分ブランド」を築くことが大事って話になるのでしょう。

前記事でも紹介した鈴川絢子さんなどは、際立った「鈴川絢子ブランド」を築き上げている一人ですよね。彼女は、女性としては完全に周りから浮いてしまう趣味を追求しながら、愛する伴侶も幸福な家庭もやりたい仕事も全てを手にいれてるんですね。なんとも羨ましい!!

 

周りと同じことに価値があった時代が過ぎ去って、周りと違うことが価値になる時代になった、ということなのかもしれませんね!

 

chachappy.hatenablog.com 

chachappy.hatenablog.com

chachappy.hatenablog.com