興味本位で生きて行こう

変化を味方にして楽しく豊かな人生を

【尊敬よりも羨望】価値観の多様化した時代に、影響力を持つ人

世の中を変える影響力を持つ人について、考えてみました。

 

かつての日本は、みんなで物質的な豊かさを追い求めていました。目指すべき未来が共有されていた。そう言う時代には、未来へと変化を推し進める人が「立派な人」で「偉い人」で「尊敬される人」だったのでしょう。つまり、人としてあるべき理想像みたいなものが共有されていたのだと思います。みんなの尊敬を集める人が大きな影響力を持つ、という世の中だったわけです。

 

ところが今の日本って、世の中はどんどん移り変わっているし、これから先、変化はきっともっと激しいものになる。でも、その変化が、より良くなる方向へと向かっているのかはよく分かりません。そもそも「より良くなるってどういうこと?」その価値観が人によってバラバラです。ある人にとっては望ましい変化が、別の人にとっては望ましくない変化と映る。そうなると、「誰からも尊敬される立派な人が世の中を変えていく」という構図は、そもそも成り立ちません。

 

そんな背景があって、大きな影響力を持つ人というのが、尊敬を集める人から、羨望を集める人へと変わったように思います。「あの人のようになりたい」の理由が変ったわけです。

常識を覆す新たな価値観やライフスタイルを生み出して、充実した日々を送る人が次から次へと現れ、そして羨望を集めています。そうした人たちが世の中を変える大きな原動力となっているのが今の日本です。

 

逆に今、「誰からも敬われる人ってどんな人だろう?」・・そう考えて思い浮かんでくるのは、変化の原動力とはならないようなお方なんですよね。

 

 

chachappy.hatenablog.com

 

chachappy.hatenablog.com