興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

グローバルプレイヤーとローカルプレイヤー

f:id:chachappy:20181020065644p:plain

 
「らしさ」に拘る生き方と、囚われない生き方について、考えてみました。

「らしさ」の意識は、歴史的・文化的に形成されたものとしてあります。

 

「女は女らしく」と、全ての女性に女らしさが押し付けられていた
時代がありました。

けれども現代は選択の自由が広がったので、
女らしさには囚われない生き方が広がってきています。

でも一方では、「女子力」とさかんに言われるようにもなりました。

つまり一つの選択肢として、女らしさを積極的に活かす生き方も、
注目されるようになったわけです。

 

ところで、グローバル化が進んでAIと共生するこれからの時代、
選択の自由はさらに広がって、
人間らしさには囚われない生き方が広がっていくのでしょう。

そうして別の選択肢として、人間らしさを積極的に活かす生き方も、
注目されるようになりますよね、きっと。

 

国境も文化も乗り越えて繰り広げられる熾烈なグローバル競争。

そこでは、AIや先端テクノロジーをフル装備して、
超人間へとアップグレードした者たちの闘いが繰り広げられるのでしょう。

明文化されていないルール(社会通念)には目もくれず、
明文化されたルールのギリギリ内側を攻めて、
ミッションを最短でこなすグローバルプレイヤーたち。

目的達成のための最適解を躊躇せずに選びとって、
素早く実行した者が勝者となります。

心理的な障壁があるとしたら、その壁を打ち壊すこと・・

文化を乗り越えるグローバルプレイヤーにとって、
文化的に形成された「人間らしさ」も、乗り越えるべきもの。

リーダーにはサイコパシーが必要とも言われていますよね。

 

でもそんな世界が広がるほど逆に、「人間らしさ」を積極的に活かす生き方も、
ますます注目されるようになるのでしょう。

たいていの人が魅かれるのが、やっぱり人と人との絆です。

地域に根ざしたローカルプレイヤーにとっては、
昔ながらの義理人情みたいな人間らしい世界って、
きっと今以上に大事になってくるのでしょうね!