興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

揺るがない心を持つ 意思の力を鍛える

f:id:chachappy:20180422150636p:plain

世の中、生きる上でいろいろと制約があって、
諦めなければいけないことってあります。

多くの人が諦めていることは、諦めること自体を美徳、尊いことと意味づけして、
みんなで励ましあって連帯して生きてきた部分もあるのでしょう。

 

一方で、新しいビジネスを起こす人たちは、
諦めや我慢を解消できる新たな方法を提案して、
「もう、諦める必要はありませんよ」と私たちに語りかけます。

その努力は徐々に実って新しいライフスタイルが広がって行く。

でもそれは同時に、みんなが信じてきた美徳・尊さが揺らぐこと。

お金の力で出来ることが増えるとともに、
その力を行使するか、しないか、できないかの違いで、
一つの集団が分断されて連帯は失われます。

 

例えば、自己犠牲の精神に母としての美徳を信じている親にすれば、
子育ての苦労をお金の力で解決してしまう母親は、
「同じ母親として許せない」と感じてしまうのかもしれません。

でも多様性を認め合うって事は、
「同じ母親として」と括ることを止めなければいけないってこと。

子育スタイルは人それぞれと広い心を持ちながら、
自分自身のスタイルを貫かないといけません。

揺るがない心を持つためには、
理想のスタイルを示してくれる憧れの人を持つことも大事ですよね!

(写真は下田美咲さん)