興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

豊かな未来をひらく多様な関係性

人には「誰かを守りたい」って欲求もあれば、

逆に「誰かに守られたい」って欲求もありますよね。

だから人と人との関わり合いを通じて、

ある人の「相手を守りたい」って欲求を叶えられて、

もう一方の人の「相手に守られたい」って欲求を同時に叶えられるなら、

そんな関係はWinWinになって、

安定した関係になるのだろうと思います。

お互いに相手がかけがえのない存在になるのだから、

金銭的な利害を超えた関係ですよね。

 

対照的に、「イーブンに権利と義務とを配分する」といった

公平性のルールを持ち込む関係っていうのも世の中にはたくさんあります。

そういうルールは、自治会とか組合とかの

金銭的な利害をはっきりさせたいオープンな組織には大切ですよね。

ルールで縛ることで透明性を確保しながら、

協力し合うメリットをメンバーみんなが対等に享受しようとする。

そしてそこにもWinWinな関係が広がります。

 

ところで、そんな公平性のルールを

夫婦みたいな、排他的な二人の関係に持ち込む場合にはどうなるんだろう?

 

アメリカのドラマとかを見る限りですけど、

イーブンの解釈をめぐって緊張が続いたりして、

やっぱり関係が不安定になりやすいのかもですね。

お互いに協力し合うメリットはあるにしても、

協力相手がその人でないとって必然性は弱くなるし・・  

一緒にいるウザさとメリットとどっちが勝るのって話にもなる。

 

もちろん、「二人でイーブン」ってパートナーシップを理想と考えて、

それを追求したい人は、そうすればいいと思います。

だけど「夫婦とはこうあるべき」みたいに、

自分の型を周りにまで押し付けてくる人は、勘弁ですよね。

 

  

chachappy.hatenablog.com