興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

人類が目指す究極の世界

唐突ですが、

人類が目指す究極の世の中って、どんな世の中だと思いますか?

 

チャッピーが想うのは・・・

人が生きて行くうえで基本的に必要なことは全部、機械がやってくれて、

人はルールに則ってやりたいことだけをやりたいようにやってれば、

サステイナブルに回ってく、そんな世の中。

そのやりたいことってのは、人の役に立ったりとか、

人と競い合ったりとか、議論しあったりとか、

人を喜ばせたりとか、感動させたりとか、

今までにないものを作り出したりとか。

 

そういう世の中になれば、

アクティブな人の方が環境負荷が大きかったりするわけだし、

努力するのもしないのも、ただの趣味の違い。

成長したい人は成長し続けていけばいいし、

ダラダラしてたい人はダラダラし続けていればいい。

大事なことは、人が持つ過剰な熱量を

うまく小さな環境負荷で消化させながら、

みんなが退屈しないで過ごせるエンタメ性。

 

もちろんそんな世の中がすぐに目の前にあるわけではないけれど、

今がそういう世の中に近づいていく途中なんだって考えてみると、

日本で起きているいろんな変化って、

まんざらでは無いのかなって私には見えるんです。

 

機械を動かすのにエネルギーはいるし、

人間が生きるには食糧がいるし、

そういうサステイナブルな経済を回すうえで、

日本列島がどれだけの人口を支えられるのか・・

そう考えてみると、なんとなくだけど、

江戸時代とそんなに変わらない気もする。

 

みなさんはどう思われますか?