興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

モテ男君は社会貢献活動を

「オトコを楽しもう。メンジョイ!」とか

「恋愛は感情の筋トレ。身体も感情も動かさないとなまってしまいますヨ~」とか

「仕事も恋も全力投球。毎日のワクワクを大切にしてキラキラ輝こう!」とか

メディアは女子の欲望を刺激して、もっとアクティブに、と煽ります。

多くの女子にとって、リアル男子との恋愛は今も最大の関心事ですね。

 

一方で平成男子にとって恋愛というのは、

「王子様役を買って出ようという一部の奇特なモテ男君が、

女子の幼児的願望に付き合ってあげる活動」

といったところみたいですね。

もはや並のスペックの男子にとって、

リアル女子相手の恋愛を通じて得られるものは、費やすコストに見合わない。

費用対効果でメリット無し。劣化しない二次元サイコー!

・・といった勢いです。

スマホは女子の繋がっていたい願望を、

無制限に男子に押し付けてしまいますしね。

 

ところで選ばれしモテ男君にとって、

できるだけ大勢の女子の願望に応えてあげることは、

自分の使命です。ミッションです。

何人もの女子と付き合うことは、彼らにとって社会貢献活動なのですね。

 

文明の役割が、食うための労働から人々を解放し、

貴族のような生活へと誘うことであるなら、

日本がこうした世の中になっていくのも、

自然な流れなのでしょうね。