読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

時代が産み落としたもの

 

時代を超えて愛され続ける音楽や映画や絵画、

そうしたものたちに触れるたびに私の中には、

「時代が私たちに残してくれた貴重な遺産に感謝したい」

そんな思いが湧き上がってきます。

そこにあるのは「誰々が作った作品」というよりも、

「優れた感受性をもつ稀有なクリエイターの身体を通して、時代が産み落としていった作品」

そんなイメージなのだと感じます。

アーティストもしばしば「降りてきた」とう表現をされたりしますが、

自分の意思を越えて、何か見えない力に突き動かされた、

そんな感覚があるのではないでしょうか。

 

時代に足跡を刻む名作というのは、

時代が求めたニーズにぴたりと一致した作品であり、

その時代の空気をありありと伝えてくれます。

だからこそ時代を超えて愛されていくものなのでしょう。

 

佐村河内守作品も、そんな思いで聴いてみるのもいいかもしれませんね。

彼も時代の見えないニーズを、鋭敏な感受性で掬い上げた一人なのですから。