興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

残念なのは「出落ち女子」

うまいこと言うなーと感心した言葉に出会いました。出落ち女子です。

お笑いと恋愛を比べて考えてみました。

 

芸人は変な格好をすれば笑いが取れる、簡単にそう考えている人がいます。

 

普段はまじめな堅物の大学教授が、変な格好をして踊る。

そんなことをすれば、会場は爆笑の渦になるでしょう。

でもそれは、普段のまじめなキャラとのギャップがあるから成り立つ笑いです。

 

一方でお笑い芸人とは、変なことをして笑わせる人たちだと、

観客は最初からそういう目で見ています。

だから、変な格好をしたところで、せいぜい出た瞬間に笑いがおこるだけ。

その後のネタがつまらなければ、中身がなければ、

どんどん重苦しい雰囲気になっていきます。

笑いは長続きしません。

これを「出落ち」といいます。

むしろ、最初のインパクトが強い分、その後のお笑いへのハードルも上がってしまうのですね。

「自分たちの笑いが分からない観客のレベルが低い」とか、

身勝手な理屈を並べてみたところで、どうにもなりませんよね。

 

ところで、見た目ばかりに気を使っている女子ってどうでしょう。

男子は最初から、女子とは見た目に気を使う生き物だと思って見ています。

だから、かわいい格好をしたところで、せいぜい知り合った時に惹かれるだけ。

付き合ってみて中身が無ければ、どんどん重苦しい雰囲気になっていきます。

恋愛関係は長続きしません。

こうした女子は「出落ち女子」ということになります。

むしろ、見た目のいい女子は最初のインパクトが強い分、

その後のセックスや恋愛関係へのハードルも上がってしまうのですね。

「ヤリ目のサイテー男。私の魅力が分からない低レベルの男だった」とか、

身勝手な理屈を並べてみたところで、もうどうにもなりません。

 

見た目がかわいければ、いい恋愛ができると思っている女子って、

芸人は変な格好をすれば良いと思っている人と同じってことかもしれませんね。