興味本位で生きて行こう

変化を味方にして楽しく豊かな人生を

表現者

供給過多な職業が増えている それでもみんな主役になりたい

日本では、クラシック音楽のコンサートがたくさん開かれていて、演奏活動をしている人もたくさんいます。 みんな、小さい時から演奏することが大好きで、長年にわたって専門的な教育を受けてきた人たち。ですがほとんどの人は、演奏だけでは食べて行けないよ…

【労働価値ゼロ経済】「使う喜び」<「使ってもらえる喜び」

お気に入りのものを買うには、まずは、気にいるものとの出会いが大切ですよね。 インターネットが無い時代には、いろんなお店を探し回ったり、遠くのお店まで行ったり、今よりもずっと大変だったようです。私のように田舎に住む人間ならばなおさら、地元では…

【大喜利マーケティング】ユーザー自らインサイトを発掘するポジティブスパイラル

「レンタルなんもしない人」の新しさは、ユーザー自らがインサイトを発掘するポジティブスパイラルを生み出したってことだと思います。 チャッピーはこれを「大喜利マーケティング」と名付けたいな。 chachappy.hatenablog.com 「**することもできない、し…

インフルエンサーか社会不適合者か

私のように平凡な人間はたいてい、社会に適合する生き方を目指しているのでしょう。 だからもしも「社会不適合者」と呼ばれたりすれば、とても不本意に感じます。 けれども世の中には、社会に単に適合するのとは別のところに生まれてきた意味を追い求める人も…

社会的地位にこだわる人、こだわらない人

昔は多くの人が、権威あるブランドを使って「自分は特別な存在だ」って 価値を示そうとしていたのだと思います。 会社員なら「有名企業の**長」という会社ブランドがあったし、お受験ママが手に入れたかったのは「有名校に通う子供の母親」という学校ブラ…

【人生コンテンツ化】人生を豊かに面白く!

「好きなことを追求してSNSでアウトプット」 「生き様をコンテンツ化してフォロワー増やそう」・・・誰もがファンクラブを作れる今、若い人ほど、 自然と意識が芸能人に近づいてきていますよね。 自分を俯瞰するカメラ目線をいつもちゃんと持っているし。…

【共創イノベーション】新しいゲームを始めよう!

ドラッカー先生によると、イノベーションとは、「現在無価値であるモノの価値を世界に認めさせる事」で、19世紀最大のイノベーターは、 看護の価値を世界に認めさせたナイチンゲールなのだそうです。 人は、自分の行為について社会からの承認を求めます。 …

「コンテンツ消費」という言葉にこめられる悪意

「高校生活の3年間で私は100冊近いノートを消費した」こう言ってもまだ違和感はありませんけど、「高校生活の3年間で私は100冊近い教科書を消費した」こう言ったら、完全に違和感があります。 ノートは物質的に費やされるものだれど、 教科書の内容…

私に都合のいい人生を作る

人生を「ああ、退屈」って思わないように生きていたくて、そのために仕事は必須だと思っている。 夢中で仕事を片づけているうちに、今日や今週や今月や今年が「あっという間に終わってた!」ってなるようにしたいから、夢中になれる仕事じゃなきゃ困る。 下…

【イディオシンクラシー】アートとしてのアイドル

アイドルの天才と呼ばれる人がいます。 朝倉みずほさん・・ 彼女が天才たる由縁は、世の中で「希少財」と認められている存在になる能力じゃなくて、自らの特異性まるごとを「希少財」と世の中に認めさせてしまう能力なんでしょうね。 アーティストは生み出し…

“まだできない”・・未熟であることの価値

実力的にその道のプロとまでは認められていないけれども、 その世界で大活躍して有名になっている人、というのがいますよね。 そういう人のことは「アイドル」と呼んでいいのかもしれません。 もちろん、歌や踊りの世界で活躍するのが一般的なアイドルです。…

【炎上エンターテイメント】悪役を叩いて発散しよう!

インターネットの時代になってエンターテイメントの枠が広がって、怒りの発散がエンターテイメントになったと言われていますよね。↓参考http://rlee1984.hatenablog.com/entry/2013/12/22/183927 フィクションの中で悪者をヒーローがやっつけてスッキリする…

オートチューンされたくない つまりは私でいたい

修正テクノロジーの進歩によって完璧なものの価値が薄らいでしまうってこと、歌唱力についても言えると思います。 音程修正ソフト“オートチューン”を使うと、ライブでリアルタイム音程補正までできてしまうそうです。今はまだケロケロボイスになっちゃうらし…

【Nothing.】夢想家で行こう

上西議員がサッカーファンに対して、 「他人に自分の人生のっけてんじゃねよ」発言で炎上しましたけど・・ 言うまでもなく、 チャッピーはいつも他人に自分の人生のっけたいタイプです(笑)。 そんなわけで最近はBiSHが、わがアイドル!(気が多いけど) と…

僕らは、日々変わる

おやすみホログラムって、音楽は全然アイドルらしくないけれど、 完成度の低いものを見せながら、成長過程に巻き込んでいくところとか、 アイドルなんでしょうね。 彼女たちの2年ちょっとの軌跡をYoutubeで見ていたけど、 いかにも素人だった二人が、 ここ…

今、気づけよ、本当のプライド

恵比寿マスカッツの新曲が発表されましたね! 辻本杏さんの「バッキャローー!!」という叫びから始る「バッキャロー」、 彼女ならではの存在感が光る曲ですよね。 叫んだ後の、全てを突き放してしまうかのようなロックな表情・・痺れます! 買い物も苦手と…

【バリュープロポジション】女ブランドから自分ブランドへ

世の中には伝統あるブランドというのがあります。 ブランドにはその歴史が形作る価値があって、ブランドへの信頼があります。 そしてブランド価値というのは、そこに属する人全員が、特別な存在を支える一員としてプライドを持ち、相応しい行動をとることに…

現実と虚構の狭間で爆発的な笑いを生み出す力

今回のマスカットナイト、またまたリーダー明日花キララさんへの メンバーの不満がアレコレ噴出ですね。 そしてキララさんへの罰として、二台のプールサイドチェアが出てきたときには、 おもわず爆笑しちゃいました! それにしてもキララさん、「サイテー」…

【仁義なきアイドル戦争勃発!】隠しきれない育ちの良さ

マスカットナイトの仮面女子VS恵比寿☆マスカッツ、面白かったですね! 仮面女子ってチャッピーは名前を聞いたことあるくらいだったのですけど・・ アイドルらしからぬ全力感でガツガツきますね~。 調べてみたら、以前にマスカットナイトと同じ時間帯で「仮…

【エンターテイメント社会】枠を壊すことがエンターテイメント

世界を変えていく物語はとても魅力的で、そこに関わりたいと望む人も多いだろうと思います。 チャッピーだって、せっかく生きてるのだから関わりたい。 アイドル戦国時代と言われて久しいですが、 今までの常識を覆す人気アイドルはまだまだ現れます。 それ…

【世の中は妥協の産物】そうよいつでも女は女優よ

普段はネコをかぶって性欲なんて無いフリをしているけれど、心を許した相手には、欲望をあらわにして快楽に身を委ねる。ギャップを演出して「あなただけには」って男の妄想をかきたてて男心をゲットする・・・したたかに計算高く振舞うのが女という生き物で…

浅ましくて卑しい女にはなりたくない

前の記事を読み返してみて思ったのですが、 服装って見た目の話なので、中身は関係ありません。 見た目ばかりに気を使うと「浅ましくて卑しい女」になっちゃうかもですね。 思い出したのですが、チャッピーは以前の記事で、 見た目ばかりに気を使って中身が…

恵比寿マスカッツに学ぶマーケット感覚

もう一ヶ月近くも前に放映されたマスカットナイトの話になっちゃいますが、メンバーの私服抜き打ちチェックの回、とってもインパクトありましたよね!(あいかわらずレスポンスが超遅い (;^_^A アセアセ・・・) ところで、このブログのテーマは「マスカットナイト…

理性に縛られる愚かな私

世の中には二種類の人間がいると思います。 一つは、いつも理性的であろうとする人、見方を変えれば、 理性的であることに捕らわれてしまう人。 もう一つは、理性的であることに捕らわれていない人、です。 で、チャッピ-は、良くも悪くも前者だと思ってい…

祝!ブログ開設一周年!

どこまでネタとモチベーション続くかな? そんな思いはいっつもあったけど 飽きっぽいチャッピーが 行き当たりばったり 何とかめでたく開設一周年を迎えることができましたー!! ・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ very d(*⌒▽⌒*)b good 。・:*:・゚★,・:*:・゚☆ 激動の時代、常識を…

アダルト向け産業で期待される女性の活躍

エロに肯定的な目線でその文化や産業を語ることって、男性がすると「男性中心の身勝手な意見」と批判にさらされる。 それで、愛好家向けの限られた市場に閉じ込められがちなんだと思います。 そう考えると、そこには女性の活躍が期待される未開のフィールド…

憧れの職業の男女比率と社会の進歩

漫画家、作家、演出家、ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、ミュージシャン、メイクアップアーティスト、スタイリスト・・・世の中には、多くの人が憧れるけど、選ばれた人しか就けない職業って、い…

現代アートとハンディキャップ原理

チ○コの歌に感動したところで、思い浮かんだアート作品があります。村上隆さんのマイ・ロンサム・カーボーイというフィギュア・・・この作品は2008年のオークションで16億円で落札されたのだそうです! もっとも初めて見たときは、「ただでもいらない…

エロ替え歌が人を感動させることもある!

初期の恵比寿マスカッツの中心的なメンバーだったみひろさんは、半年ほど前に結婚されているんですよね。 みひろさんはテレビ北海道のバラエティ番組「新よるたま」に出演していますが、 最近のよるたまを見ていると、自分のプロフィールに「人妻」が加わっ…

せっかくだから一億総活躍社会に絡めて語ろう

マスカットナイト5回目の放送は、早くもOGが乱入して現メンバーに渇を入れる、という展開でしたね。 いやー、さすが!って感じの怒涛の面白さ。みんな、ブランクを感じさせないどころか、ますますキャラに磨きがかかっていて、その実力をあらためて見せつけ…