興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

社会

人間であることを恥じらい、生きる

人間の長い歴史の大部分っていうのは、超越的な存在、超越的な力の前に 恐れ慄いて生きて来た歴史だったのだと思います。 そんな人間も、自分たちの理性の力を信じることで、 超越的な存在を脇に追いやろうとした。 理性によって世界のメカニズムを隅々まで…

【マスカットナイトから学ぼう】悪者も大事

イノシシなどの害獣による被害って日本各地で拡大しているんですね。 12日放送のマスカットナイトフィーバーでは、 ニュースコーナーで取り上げてましたけど、 それにしても三上悠亜さんのコメントはほっこりしましたよね! いい人ばっかりじゃあ人生って…

善人も悪人もいない世界

野生のイノシシを、畑を荒らすかどうかで、 このイノシシは悪いイノシシで、こっちは善いイノシシ、と分けるとしたら、 それって自分たち人間の都合で勝手に分けてるんだなって分かります。 イノシシの道理じゃ関係ないわけで。 じゃあ、人間を悪い人と善い…

敵がいない世界よりも敵がいる世界

みんながみんな物分りの良い大人になってしまったら、 世の中はどこまでもまっ平らで、退屈するしかありません。 それに、闘うべき敵がどこにもいないと、 「敵は自分の中にしかいない」ってことになってしまって、 それはそれでとっても酷! そういうわけで…

お金を使う意味

お金を使うってことの意味について、 私って狭くて凝り固まった意識を持っていたのかな? 最近そう思います。 お金を支払うってことは「何かをしてもらう」ことへの対価・・ でもそれってしょせんはラクをしたいとか、モノを手に入れたいとか、 時間を節約し…

平凡な俯瞰中毒者、平凡な安心

みんなと同じことを安心に繋げる仕組み、 みんなとは違うことを優越感に繋げる仕組み、 両方に人は価値を見出しますよね。 そしてこんなふうに世の中を俯瞰する文章自体、 人に優越感をもたらすとしたら、価値があります。 だけどこんなふうにはっきりと、 …

【バリュープロポジション】女ブランドから自分ブランドへ

世の中には伝統あるブランドというのがあります。 ブランドにはその歴史が形作る価値があって、ブランドへの信頼があります。 そしてブランド価値というのは、そこに属する人全員が、特別な存在を支える一員としてプライドを持ち、相応しい行動をとることに…

【成熟社会】標準化の時代から個別化の時代へ

「多くの人から愛されたい」「能力を活かして人から認められたい」「やりたいことをやって楽しく生きたい」「いつもワクワクしていたい」「価値ある人間と思われたい」などなど、人は様々な欲求を抱いて、それを満たす方法を考えます。そしてみんなが望むの…

【酸っぱいブドウの論理】世間の常識は負け惜しみまみれ?

最近つくづく思います・・ 世の中の常識って結局、「酸っぱいブドウの論理」だらけなのかなって。 人は自分が手に入れることができない現実を正当化しようとする。 本当はブドウが欲しいのだけど手に入らなくて、 もう、誰もが諦めるしかない状況ならば・・ …

【諸行無常】価値観は移り変わるし・・

今は時代の転換期なので、価値観の大きな変化が起きているとよく言われますよね。 価値観が変化するってことはつまり、「望ましいもの、尊いもの、誇らしいもの」かつてはそう信じられてきたものの価値が揺らいできて、「忌まわしいもの、卑しいもの、恥ずべ…

王子様に運命投げず 自ら戦う意志

社会の常識が変わる、秩序が変わるって事は、今までの秩序の中で既得権益を得ていた人にとっては脅威になります。だからそこには必ず反発があるんでしょう。 「女は貞淑で一人の男に従順に尽くすもの」そんな古い女性像があって、その秩序の中で既得権益を得…

豊かな関係と貧しい関係

「豊かな関係」というのは、相手を尊重し感謝して、互いに相手の発展・成長を願えるような関係を言うのでしょう。逆に相手を軽蔑していたり、自分の利益だけのために相手を利用しようとする関係というのは「貧しい関係」だと思います。 世の中が豊かになるっ…

流転する世界を賢く生き抜こう

技術革新が激しい世界で、競争原理の中で仕事をしている人にとって、新たな優れた方法・ツールが生み出されることは、それを使いこなさなければ競争に敗れること、世の中から取り残されることを意味しますよね。つまり望むと望まざるとに関わらず、新たなツ…

奇天烈な世の中を生きる私たち 

人間の世の中って、いつもどこでも奇天烈です。 だけど、そんな世の中をなんとか安心して過せるように、 知恵を授けてくれる人たちがちゃんといます。 奇天烈な世の中に人々の求めるものを汲み取って、 それに応える新しい物やサービスや仕組みを 考え出して…

ニーズのない言葉を一人語り続ける空間  

世の中には、「本当はうすうす気づいているんだけど、 あえて気づかないフリをしていたいこと」みたいなのが ある気がしますよね! それって、気にしない人にとっては、どうでもいいことなんだけど、 気になる人にとっては、不愉快なので知りたくないこと。 …

【マスカットナイトから学ぼう】TTP徹底的にパクる

中国とか、モノづくりでパクリばかりしてるけど、 それは「人件費の安い新興国での合理的な方法」として みんな納得していることでもあります。 ところで昔は、日本も今の中国と同じ立場だった時代がありました。 そのころの日本では、 「日本人は真似ばかり…

世の中を悲観する人たち

お金の受け渡しのある人間関係に、 「金の力で相手をコントロールする」みたいな 権力構造ばかりを感じ取ってしまう人というのが、世の中にはいる気がします。 もちろん実際には、相手の思いに共鳴して応援したり、感謝の気持ちを表したり、 お金を渡す行為…

無責任な正義感の自己正当化

社会制度を作る仕事に携わる人は、 強い正義感を持った人が望ましいと思います。 ですけど、そういう人ばかり集まるってとこには落とし穴があって、 正義感のかけらもない人の行動に想像が及ばなくて、 間抜けな制度を作ってしまいがちってことです。 なので…

権威を作り出す人たちと解体していく人たち

その昔、労働から解放されていた貴族たちは、 スポーツという娯楽を生み出してそれを「崇高な行為」と位置づけました。 そして、 「崇高なスポーツをする自分たちは、生まれながらにして価値ある特別な存在なのだ」 と主張していました。 ところが、やがて庶…

人類が目指す究極の世界

唐突ですが、 人類が目指す究極の世の中って、どんな世の中だと思いますか? チャッピーが想うのは・・・ 人が生きて行くうえで基本的に必要なことは全部、機械がやってくれて、 人はルールに則ってやりたいことだけをやりたいようにやってれば、 サステイナ…

闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう

今の日本って、いろんな制度が行き詰まって矛盾をきたして、 今までの常識がいろいろ通用しなくなっている。 で、「今までの生き方や価値観に捕らわれていたのじゃいけない」 多くの人がそうは思っています。 だけどじゃあ、この私はいったいどう生きたらい…

自己利益を拡大しあう長期的Win-Winの関係

企業と企業の業務提携は様々な業界で行われています。 両社の想いが一つになり、同じ夢を見て、共に成長していく・・ 暖かな信頼関係が育まれ、未来への希望が広がってゆきます。 企業の目的は利益を生み出すこと、 そして企業同士の提携もお互いの利益拡大…

成功を手に入れるための手段 幸福を手に入れるための手段

社会的成功を追い求めていたのが男性だけで、 女性はもっぱら幸福を追い求めていた時代が、 かつての日本にはありました。 そこでは女の性は、男の愛を獲得するための手段で、 幸福を手にいれるための手段だったのでしょう。 女性も社会的成功を追い求める今…

憧れの職業の男女比率と社会の進歩

漫画家、作家、演出家、ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、ミュージシャン、メイクアップアーティスト、スタイリスト・・・世の中には、多くの人が憧れるけど、選ばれた人しか就けない職業って、い…

生き方は人それぞれだけど

平穏を好む人、ハラハラドキドキを好む人、一途に何かに熱中する人、飽きっぽく移り気な人、いつも人と競い合いたい人、マイペースな人・・どんな状態を心地よいと思うか、そしてもちろん能力だって、人はそれぞれにまったく違う。 どんな生き方がいいかなん…

多様性を楽しみながらムーブメントを楽しもう!

アイドルには特に興味が無かったチャッピーですが、育成型アイドルを盛り上げて「みんなで武道館に行くぞー!」みたいなムーブメント、当然、勝ち戦になれば充実感や達成感があるんだろうなーとは想像します。 中でも一番楽しいのはきっと、すでに注目されて…

【一億総活躍社会とは?】有名人はヤジられることでおいしいポジションに

どうしたらリアルなこの世界で活躍して楽しめるかなぁ?・・・ このゲームを前向きに楽しもうとする人たちがいる一方で、 どうやっても楽しめるとは思えなくて、 諦めてしまう人たちだってでてくるのでしょう。 そんな諦めてしまった人たちでも、活躍してい…

せっかくだから一億総活躍社会に絡めて語ろう

マスカットナイト5回目の放送は、早くもOGが乱入して現メンバーに渇を入れる、という展開でしたね。 いやー、さすが!って感じの怒涛の面白さ。みんな、ブランクを感じさせないどころか、ますますキャラに磨きがかかっていて、その実力をあらためて見せつけ…

私は何マニアなのだろう?と考えてみた

自分のことを**マニアと自称する人っていますよね。 マニアっていうのは、何か一つのことに強く入れこんでいて、「人がどう思おうと、私はこれが好き」そう言えるものを持っている人だろうと思います。 ところでチャッピーは、何かのマニアと言えるような…

同性婚を認めて結婚ニーズのミスマッチ解消を

引き続いて同性婚について考えていましたが、 もっともっといろんなメリットがありそうですね! バリキャリ系独身女性で 「既婚男性は奥さんが家事をやってくれるから羨ましい。私も奥さんが欲しい」 そう言う人ってけっこういますよね。 一方では、専業主婦…

同性婚を認めて少子化解消を

欧米各国では、同性婚が可能な国が増えてきて、 日本でも議論されているそうです。 チャッピーも同性婚について考えてみました。 結婚制度って、子育ての共同プロジェクトを保護するって意味合いが 強いと思っています。 けれども現実には、今の日本では結婚…

待ち望まれているのは、グローバルな視野を持ったダイバーシティ時代の若手女性リーダー

澤穂希さんの結婚が報じられましたね。おめでとうございます!って、いつもレスポンスが遅いチャッピーです。 澤選手といえば、「苦しいときは私の背中を見なさい」という男前すぎる言葉で有名な、日本女子サッカー界の名リーダー。そんな彼女は、「スポーツ…

ファンタジーと現実の区別がつかない人たち

当たり前な話だけど、 食欲旺盛な女性が、 将来を考えずに食べまくる愚かな女ってわけではないように、 性欲旺盛な女性が、 将来を考えずにセックスしまくる愚かな女ってわけではありません。 食欲旺盛な努力家もいれば、性欲旺盛な努力家もいる。 食欲旺盛…

人工知能と共存する世界 

「チャッピーって、出来の悪いボットかと思ってたけど、人間だったんだね。」 こんな会話が普通に交わされる日も、近い気がしますよね。 神経すり減らして交渉した相手が 実はボットだった! なんてことも当たり前になってくるんでしょうね。 そんな世の中を…

貞操観念と子育て環境

かつての日本には貞操観念というのがあって 未婚女性はみんな結婚まで処女を大切に守ったそうです。 貞操観念の浸透した社会では、女性の性的な価値が極限まで高められるので、 男性は必死になって女性の性を手に入れようとします。 だからほとんどの未婚女…

パワーをめぐる争いは続くけれど

男の権力志向(公共圏パワー志向)だけ正当化して女の権力志向は封印する。 モテパワー(親密圏パワー)の行使は男女とも厳しく規範意識で縛って 男女永久カップルの性愛だけを正当化する。 正統派の淑女戦略(勝ち組)からはみ出た女のモテパワーは、 地下…

蒼井空是世界的

お隣の国、中国のえらい人たちは嘆いています。 「わが国の文化は、日本の家電製品とアニメ文化とAV文化に侵略されてしまった。」 一方で日本のえらい人たちは嘆いています。 「わが国の経済は、グローバル化という名のアメリカンスタンダードに侵略されてし…

知的資産の活用、性的資産の活用、世の中のルール

欧米人は、自分たちに有利なようにスポーツのルールを変更しようとするけれど、日本人にはその発想が無い、なんてよく言われますよね。 ルールというのは、過去の特定の人たちに有利になるように作られたものだから、作り変えていけばいい、そういう意識が日…

アマチュアリズムと賤業

少し前の日本では、 セックスをしてお金を得る人を卑しい人とみる価値観というのが あったのだそうです。 「神聖なるセックスを金儲けの道具として利用する卑しい人間」 と蔑まれたのだとか。 もっとも昔の英国では、 スポーツをしてお金を得る人を卑しい人…

絡みにくい人はいるけれど

人の話を聞いたり読んだりするのって その相手が、自分とは違ったことを経験してたり感じたり考えたりしているから。 自分とまったく同じだったら意味がなくて、 違うから面白いわけで、知りたくなります。 「何が違うんだろ?」って掘り下げたくなります。 …

あったかいんだからぁ

価値観やライフスタイルが多様化するとともに、 みんなが戦略的に生き方を考えるようになりました。 そうなって逆に、これまで以上にいろんなところで、 暖かいものが求められるようになってきたと思います。 みんなが暖かい世界を大切に思うようになった気…

選ばれし者の使命

世の中、「ただしイケメンに限る」が多いことを自覚して、 イケメンだけに許される言動を攻めるのが、 イケメンに生まれてきた方の使命だと思います。 福山雅治さまの高貴なところは、そこのところをちゃんとわかっていて 評判を落とすリスクを恐れずに、下…

モノづくりからコトづくりへ

イノベーションに優れた企業は、人のつくったものは遅かれ早かれ、 通常は早く陳腐化することを知っている。 ―ピーター・ドラッカー 「マネジメント・フロンティア」より― かつてのイノベーションは、モノの価値の陳腐化が中心でした。 技術革新によって機能…

退屈したら敵を作ろう

まっ平らな世の中を生きていくのって、退屈で空しいですよね。 だからやっぱり世の中には対立も必要なのかな? 世の中に対立を生み出してくれる人っていますよね。 その時々で、賛否両論湧き上がるような論点を、 じょうずに見つけ出しては火をつけます。 そ…

先行き不透明な時代にはアセットライト戦略で

若者の所有離れが話題になっていますね。 これってつまりは、所有することのメリットが薄れて デメリットが目立ってきたということだと思います。 所有することって、実は多くのデメリットがあるんですよね。 維持管理する負担、 移動しにくくなること、 所…

みんなちがって みんな面白い

人間って一人ひとりまるっきり違っていて、みんなヘンですよね。 この世の中は、そのヘンな生き物が集まってできた面白い生態系です。 この生態が、他の動物の生態よりも進歩したものだとか、優れたものだとか 考える理由も特にないわけで。 この世の中を生…

女の争いはなぜ起こる?

昨夜はTVで「ナイナイのお見合い大作戦」を見ていました。 女子が各々の推しメンのお宅にお伺いするという場面があったのですが、 人気のイケメンのお宅には、10人以上の女子が一堂に集う状況になりました。 そこでは進行役が、女子同士のライバル心を焚き…

自分を癒す方法を見つけよう

たくさん勉強した人たちは、 自分が手に入れたものの価値を主張する方法を、ちゃんと知っています。 たとえば大学教授になった人は、 大学教授のポストが貴重な社会的資源だと言い、その配分の不公平を騒ぎ立てます。 政治家になった人は、 政治家のポストが…

ほしいものがほしいわ~所有からシェアへ

昭和の人たちは、みんなが欲しがるもの、価値あるものを手に入れることに、 興味があったのだと思います。 大切だと言われているものを手に入れることで、 自分は価値ある存在なんだとアピールしようとしていました。 でも昭和の終わりにはもう、誰もが欲し…

イケメン専用セーフティーネットと、イケメンに生まれてきた者の使命

ベンチャー起業家の方々をみると、不思議なくらいイケメン率が高くて、 無駄にときめいてしまいます。 でもここは冷静になって、何でなのかと考えて見ました。 恋愛偏差値の高い人は自ずと自己効力感が高くなるので、 リスクを冒して挑戦する姿勢が身につく…