興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

恋愛

恋愛を通して新たな自分を発見する

いろんな土地へと旅することが、 繰り返す日常からの脱出で、心のリフレッシュで、思い出作りになるように、 いろんな男子と恋愛することが、 繰り返す日常からの脱出で、心のリフレッシュで、思い出作りになる。 ・・そんなふうに考える女子って増えてます…

【世の中は妥協の産物】そうよいつでも女は女優よ

普段はネコをかぶって性欲なんて無いフリをしているけれど、心を許した相手には、欲望をあらわにして快楽に身を委ねる。ギャップを演出して「あなただけには」って男の妄想をかきたてて男心をゲットする・・・したたかに計算高く振舞うのが女という生き物で…

枕営業で失うものは、ビジネスパートナーとしての信頼

今日は、アップデート恋愛とお仕事について考えてみました。 レベルアップ目的で男性と付き合うアップデート恋愛ですが、恋愛偏差値の高い女子ならば、そんな恋愛をするのにも、もちろん有利ですよね。チャッピーにはどのみちハードル高い。ふう。 それはと…

【目的合理性の追求】アップデート恋愛と資産価値向上

取引費用理論、資産価値と恋愛について、もう少し整理。 関係特殊資産っていうのは、関係が終わると同時にその価値を失う。 恋の破局で味わう喪失感は、関係特殊資産を失った喪失感ってこと。 「君だけを、永遠に」「きっと、ずっと」そんな世界を信じた恋な…

さまざまな恋愛の形:アップデート恋愛

「男性と付き合う」=「学習のチャンス」 と捉えて、自分自身の成長に合わせて、主体的にパートナーを選択していく恋愛、これを「アップデート恋愛」と呼ぶのだそうです。 自分の成長のため、彼氏を乗り換える… “アップデート恋愛”の経験者が語る本音 男女が…

関係を通して形成される無形の関係特殊資産に注目しよう

あらゆる人間関係は、お金の授受は無くても、価値の交換を行っていると見ることができる。こういう考え方を社会的交換理論って呼ぶみたいです。 友人同士であれば、単純には「一緒に居ると楽しい」という価値をお互いが提供しあっています。 気の合う者同士…

長期的視点で資産価値の向上に努めよう

前回に引き続き、「浅ましくて卑しい女」について、さらに考えてみました。 見た目の可愛さだけでちやほやされて、幾多のイケメンと華やかな恋愛経験を誇ってきた女性が、アラサーになると一転して高学歴・高収入エリート男性を狙った婚活に走る。たとえばこ…

浅ましくて卑しい女にはなりたくない

前の記事を読み返してみて思ったのですが、 服装って見た目の話なので、中身は関係ありません。 見た目ばかりに気を使うと「浅ましくて卑しい女」になっちゃうかもですね。 思い出したのですが、チャッピーは以前の記事で、 見た目ばかりに気を使って中身が…

恵比寿マスカッツに学ぶマーケット感覚

もう一ヶ月近くも前に放映されたマスカットナイトの話になっちゃいますが、メンバーの私服抜き打ちチェックの回、とってもインパクトありましたよね!(あいかわらずレスポンスが超遅い (;^_^A アセアセ・・・) ところで、このブログのテーマは「マスカットナイト…

いろんな欲求が解放された今の時代、男性に多くを求め過ぎても・・

お金だけが目的で男性と付き合う女性というのは、昔からけっこういたみたいですが、身体だけが目的で男性と付き合う女性というのは、なぜだか昔はあまりいなかったみたいです。 男性に多くは求めない割切った女性というのは、いつの時代にもいるけれど、 昔…

女性の経済的自立と男離れ

今、キャバ嬢や風俗嬢などの世界では、プライベートは女性と付き合う人が増えてきているのだそうです。 男に失望して…ノンケなのに女性との出会いを求める女性たち 男の本性が見え過ぎてしまうと、本当に心安らげる関係は女同士になる・・そこはレズビアンで…

女のゴリラ萌えと、男のドール萌え

チャッピーは割と最近知ったのですが、今、ゴリラに萌えるゴリラ女子というのが増えていて、東山動物園のシルバーバックのゴリラ「シャバーニ」は写真集も出て人気沸騰中だそうですね。 たしかに私から見ても、彼の眼差しとか立ち振る舞いって、力強いイケメ…

競争原理と選考基準~出世志向とプロ彼女志向

特権によらずに魅力あるポジションを手に入れるためには、競争に勝って選ばれる必要がある。その選ぶ基準を決めるのは、選ばれる側ではなくて、選ぶ側・・・ 大抵の人は受け入れている競争原理を、受け入れられない人たちのエネルギーって、どこへ向かってい…

好き嫌いを減らして楽しいことが多い人生を

何かと神経質で好き嫌いが激しくて、楽しめる範囲が狭い人よりも、 いろんなことを幅広く好きになって、 おおらかに楽しめる人になりたいと思っています。 ところで、好き嫌いってしょせんは思い込み。 例えば松茸のかおりって、日本人は大好きだけど、西洋…

女から男に変身するライフスタイル

はるな愛さんが、最近は男に戻りたい気持ちとで揺れているという 記事を読みました。 男装している時は、女性を守ってあげたいという気持ちが芽生えるのだそうです。 はるな愛さんの男装姿(ケンジ)ってすごいイケメンだから オネエやってるのはもったいな…

性行動の二極化を防ぐには~取引コストと長期継続的関係

一昔前の女子のスタンダードな気持ちは 「抱かれたいのは彼氏だけ」でした。 けれども時代が変わって、今の女子のスタンダードは、 「抱かれたいのはイケメンだけ」になっています。 それでも、抱かれることのメリットが他に何かあれば話は別、 という考えも…

いろんなキャラをセルフプロデュースしながら人生を楽しもう

お仕事用キャラ、友達と戯れ用キャラ、恋愛用キャラ、家庭用キャラ・・・ ちゃんと自分を客観視して、 それぞれ今のキャラ選択がベストなのかどうか、きちんと点検したいな。 他人を妬んでも始まらないし、 もっとお得なキャラ、もっと心地よいキャラがあり…

生産者努力と恋愛離れ

最近話題になっている恋愛離れについて、考えて見ました。 技術の進歩は「あれもこれも」とみんなのワガママな要求を 同時に満たす製品を生み出してきました。 たとえば自動車であれば、速くて快適で壊れなくて便利で安全で燃費が良くて・・ みんなの欲求水…

モノづくりからコトづくりへ

イノベーションに優れた企業は、人のつくったものは遅かれ早かれ、 通常は早く陳腐化することを知っている。 ―ピーター・ドラッカー 「マネジメント・フロンティア」より― かつてのイノベーションは、モノの価値の陳腐化が中心でした。 技術革新によって機能…

先行き不透明な時代にはアセットライト戦略で

若者の所有離れが話題になっていますね。 これってつまりは、所有することのメリットが薄れて デメリットが目立ってきたということだと思います。 所有することって、実は多くのデメリットがあるんですよね。 維持管理する負担、 移動しにくくなること、 所…

プロのクオリティ 素人の戯れ

AVの世界では、選ばれた女性がその技術と魅力とを最大限に磨いて魅了します。 男子はそんなプロフェッショナルなサービスを、いつでも享受できます。 一流プロのハイレベルなクオリティに慣れ親しんだおかげで、 女子への男子の要求レベルはかなり高くなって…

女の争いはなぜ起こる?

昨夜はTVで「ナイナイのお見合い大作戦」を見ていました。 女子が各々の推しメンのお宅にお伺いするという場面があったのですが、 人気のイケメンのお宅には、10人以上の女子が一堂に集う状況になりました。 そこでは進行役が、女子同士のライバル心を焚き…

会社の資産を利用するキャリアビルディング、男の資産を利用するキャリアビルディング

会社とは一生身を捧げるものだ。その覚悟をもって入社しろ。 いったんこの会社と決めたなら、どんなに仕事が辛くても辛抱しろ。 無私の精神で会社につくせば、やがてきっと報われる。 途中で辞めたいなどと思うのは愛社精神や忍耐心が足りない証拠だ。 ・・…

イケメン専用セーフティーネットと、イケメンに生まれてきた者の使命

ベンチャー起業家の方々をみると、不思議なくらいイケメン率が高くて、 無駄にときめいてしまいます。 でもここは冷静になって、何でなのかと考えて見ました。 恋愛偏差値の高い人は自ずと自己効力感が高くなるので、 リスクを冒して挑戦する姿勢が身につく…

モテ男君は社会貢献活動を

「オトコを楽しもう。メンジョイ!」とか 「恋愛は感情の筋トレ。身体も感情も動かさないとなまってしまいますヨ~」とか 「仕事も恋も全力投球。毎日のワクワクを大切にしてキラキラ輝こう!」とか メディアは女子の欲望を刺激して、もっとアクティブに、と…

残念なのは「出落ち女子」

うまいこと言うなーと感心した言葉に出会いました。出落ち女子です。 お笑いと恋愛を比べて考えてみました。 芸人は変な格好をすれば笑いが取れる、簡単にそう考えている人がいます。 普段はまじめな堅物の大学教授が、変な格好をして踊る。 そんなことをす…

創造的破壊が閉塞感を打ち破る

ナンパ師が女子を落とすために最も大切なことは、 「どんな美女でも、全ての女子には価値が無い」 というマインドセットを持つことだそうです。 普段からチヤホヤされている恋愛偏差値の高い女子ほど、 いくら親切にしたところで意味がない。 言われてみれば…

メディアはマッサージ~バーチャル恋愛

人は誰でも心地よさを求めます。 心地よい環境、心地よい気候、心地よい人間関係、心地よい会話、心地よい音楽・・ テレビや雑誌は、今日も私たちに心地良い言葉を投げかけてくれます。 女子にとって心地良い世界・・・ それは私がいつか王子様と出会い、一…