読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

男から女に変身するイリュージョン

性転換する方法というと普通、 からだに医学的な処置を施すことを思い浮かべると思います。たしかにそれが一般的です。 ですが全く別の方法として、 からだを丸ごと取り替えるっていうのもあります。 代表的なのはイリュージョニストの引田天功さん。からだ…

学問をポルノとして消費する私

誰から言われたわけでもなく、心理学だの経営学だの小難しいモノを、分不相応に読んだり調べたりするのが好きなチャッピーです! やっぱり仕事とか日々の暮らしを通して、いろんな不満やイライラってどんどん募ってくるんですよね。 「もっとうまいやり方が…

人類が目指す究極の世界

唐突ですが、 人類が目指す究極の世の中って、どんな世の中だと思いますか? チャッピーが想うのは・・・ 人が生きて行くうえで基本的に必要なことは全部、機械がやってくれて、 人はルールに則ってやりたいことだけをやりたいようにやってれば、 サステイナ…

浮動する知識人~偏見との戦い

毎日生まれの私 今日の私は、昨日の私とは別人なの。 今、あなたの目の前にいる私を、ちゃんと見て。 今の私として、真っ直ぐに見つめて欲しい。 私を偏見の目で見ないで。 ・・・・・・・・・ 強力な偏見と戦いながら、今日も私は生きてゆくのです。

あなたはどんな物語を生きていますか~精子の物語編

「精子の気持ちになって考えれば、 できるだけ多くの女性の膣の中に放出してあげるのが 男として生まれてきた自分の使命だと思うんだ。 だから、大勢の女性をナンパしまくることが、 僕が今、ここにいる理由。 僕は自分の信じる道を行く。 人からどう思われ…

乾ききった世界にもっと潤いを

世界の本質は乾いています。 女子たちは、そんな世界を涙で潤そうと、 泣けるコンテンツを日々、探し求めます。 男子たちは、そんな世界を精液で潤そうと、 抜けるコンテンツを日々、探し求めます。 人々は自らの身体から汁を絞り出して 乾ききったこの世界…

タコ型宇宙人? 

糸井重里さんといえば、奥さんは美しくて憧れの樋口可南子さん。 樋口可南子さんといえば、タコということで タコの話題を。(なぜタコなのか知りたい人は、ググってください) 昔からよくある宇宙人で、タコ型の宇宙人っていうのがありますよね。 地球上に…

凛として歩こう 気高く生きよう

私が街を歩く時、地味で影の薄い私に関心を持つ人はいません。 私も、他人にどう見られるかなんて気にしていません。 ただ静かに雑踏の中に埋もれます。 そんな私ですが、木立の茂った公園を散策する時には、 よくカラスにからかわれました。 用もないのにカ…

生まれ変わったら鳥になりたい 

生まれ変わったら鳥になりたいと願っている私は、 「私が死んだ1年後のその日、白鳥が生まれます。それが私の生まれ変わりです」 と、予言しておこうと思います。 その予言はきっと実現します。 だって白鳥に生まれ変わった私に、 かつて人間であった時の記…