興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

仕事

待ち望まれているのは、グローバルな視野を持ったダイバーシティ時代の若手女性リーダー

澤穂希さんの結婚が報じられましたね。おめでとうございます!って、いつもレスポンスが遅いチャッピーです。 澤選手といえば、「苦しいときは私の背中を見なさい」という男前すぎる言葉で有名な、日本女子サッカー界の名リーダー。そんな彼女は、「スポーツ…

好き嫌い無くみんなを愛せる人

恵比寿マスカッツで「適当すぎる新人」キャラだった里美ゆりあさんに チャッピーはとっても惹かれてしまいます。 里美ゆりあさんのインタビュー動画をみつけました。 (前半は露骨な性的表現ですので、興味ある人は自分で探してください) ファッションも自…

努力を厭わない人が飛び込む世界

素直に考えて、 努力を継続したくない人、楽をしたい人は、 どうにかして将来が約束される地位を手に入れて、 それにしがみつく生き方をするのが合理的ですよね。 それに対して、プロスポーツ選手とか、 フリーランスのジャーナリストとかデザイナーとか、 …

エリートと多様性

底辺企業のデタラメ感満載な状況はともかくとして・・・ 恵比寿マスカッツって、多様な人材を効果的に活用していた組織と言えますよね。 バラエティーはキャラが立ってなんぼの世界。 そして恵比寿マスカッツを通してみんなが知ったことの一つは、 「一流のA…

早くからダイバーシティ・マネジメントを取り入れていたモデル企業

例外もあるでしょうが一般的には、 エリートっていうのは規範意識の高い人たちで、 逆に底辺の人間っていうのは規範意識の低い人たちですよね。 底辺企業には底辺の人間が集まるんでしょう。 チャッピーのいる会社も例外ではなくて、 役立たず、ヘタレ、嘘つ…

人工知能と共存する世界 

「チャッピーって、出来の悪いボットかと思ってたけど、人間だったんだね。」 こんな会話が普通に交わされる日も、近い気がしますよね。 神経すり減らして交渉した相手が 実はボットだった! なんてことも当たり前になってくるんでしょうね。 そんな世の中を…

いろんなキャラをセルフプロデュースしながら人生を楽しもう

お仕事用キャラ、友達と戯れ用キャラ、恋愛用キャラ、家庭用キャラ・・・ ちゃんと自分を客観視して、 それぞれ今のキャラ選択がベストなのかどうか、きちんと点検したいな。 他人を妬んでも始まらないし、 もっとお得なキャラ、もっと心地よいキャラがあり…

男から女に変身したのが今の自分?

今日は、恵比寿マスカッツの三代目リーダーとして スタッフ総意で選ばれたという、希志あいのさんを取り上げます。 唐突ですが、こんな空想をしてみます。 正義感や責任感が強くて、社会への貢献意欲が高い、 ポジティブでみんなからの信望も厚い、 そんな頼…

生産者努力と恋愛離れ

最近話題になっている恋愛離れについて、考えて見ました。 技術の進歩は「あれもこれも」とみんなのワガママな要求を 同時に満たす製品を生み出してきました。 たとえば自動車であれば、速くて快適で壊れなくて便利で安全で燃費が良くて・・ みんなの欲求水…

知的資産の活用、性的資産の活用、世の中のルール

欧米人は、自分たちに有利なようにスポーツのルールを変更しようとするけれど、日本人にはその発想が無い、なんてよく言われますよね。 ルールというのは、過去の特定の人たちに有利になるように作られたものだから、作り変えていけばいい、そういう意識が日…

アマチュアリズムと賤業

少し前の日本では、 セックスをしてお金を得る人を卑しい人とみる価値観というのが あったのだそうです。 「神聖なるセックスを金儲けの道具として利用する卑しい人間」 と蔑まれたのだとか。 もっとも昔の英国では、 スポーツをしてお金を得る人を卑しい人…

あったかいんだからぁ

価値観やライフスタイルが多様化するとともに、 みんなが戦略的に生き方を考えるようになりました。 そうなって逆に、これまで以上にいろんなところで、 暖かいものが求められるようになってきたと思います。 みんなが暖かい世界を大切に思うようになった気…

自分の人生の経営者として戦略的に生きる

「将来は紗倉まなちゃんみたいにマルチに活躍できるAV女優になりたいから、学校の勉強がんばる」とか、 「私は舞園かりんちゃんみたいなAVデビューを目指すから、デビューまで処女を大切にとっておく」とか、 今の女の子が考えたとしても、条件(ルック…

アップサイドは無限大 成長する自分を楽しもう

まだまだ恵比寿マスカッツで行きますよ! 今日は、エースのRioさんを取り上げます。 役者、モデル、歌手からバラエティーまで、常に全力でぶつかって期待を超える結果を残すRio。 そのプロ意識の高さは、あの福山雅治さまも認めるところですね! マスカッツ…

モノづくりからコトづくりへ

イノベーションに優れた企業は、人のつくったものは遅かれ早かれ、 通常は早く陳腐化することを知っている。 ―ピーター・ドラッカー 「マネジメント・フロンティア」より― かつてのイノベーションは、モノの価値の陳腐化が中心でした。 技術革新によって機能…

価値が目減りしないハダカ 

女性のハダカに価値があるのは、 普通はそれを見ることができないからでしょう。 見られないはずのものが見られるってとこに、価値が生まれます。 そんなハダカの価値は、 見せれば見せるほど目減りしていってしまいます。 ハダカのお仕事、AV女優の世界も、…

プロのクオリティ 素人の戯れ

AVの世界では、選ばれた女性がその技術と魅力とを最大限に磨いて魅了します。 男子はそんなプロフェッショナルなサービスを、いつでも享受できます。 一流プロのハイレベルなクオリティに慣れ親しんだおかげで、 女子への男子の要求レベルはかなり高くなって…

あなたはバリキャリ派?ゆるキャリ派?

日本の大企業サラリーマンは、会社への忠誠を競いあっているので どうしたって長時間労働になるのでしょう。 どれだけ会社に滅私奉公するか、 仕事のためにプライベートを犠牲にできるか、 競り勝っていくトーナメントゲームをしているわけですから。 ですの…

ほしいものがほしいわ~所有からシェアへ

昭和の人たちは、みんなが欲しがるもの、価値あるものを手に入れることに、 興味があったのだと思います。 大切だと言われているものを手に入れることで、 自分は価値ある存在なんだとアピールしようとしていました。 でも昭和の終わりにはもう、誰もが欲し…

会社の資産を利用するキャリアビルディング、男の資産を利用するキャリアビルディング

会社とは一生身を捧げるものだ。その覚悟をもって入社しろ。 いったんこの会社と決めたなら、どんなに仕事が辛くても辛抱しろ。 無私の精神で会社につくせば、やがてきっと報われる。 途中で辞めたいなどと思うのは愛社精神や忍耐心が足りない証拠だ。 ・・…

ゼロからイチを生み出す力を

かつての日本は、「やるべきことをいかにミス無く効率よく行うか?」 が問われる社会でした。 そのために誰かの見つけた上手なやり方を真似ればよくて、 右へ倣えの横並び主義で良かったわけです。 でも今、そうした能力が必要とされるのは新興国。 新興国の…

世の中を舐めている人は

世の中には二種類の人間がいると思います。 存在するだけで価値のある人間と、そうではない人間です。 そうではない人間は、仕事をして周りから価値を認めてもらわないといけません。 ですが、存在するだけで価値のある人間には、その必要がありません。 た…

イケメン専用セーフティーネットと、イケメンに生まれてきた者の使命

ベンチャー起業家の方々をみると、不思議なくらいイケメン率が高くて、 無駄にときめいてしまいます。 でもここは冷静になって、何でなのかと考えて見ました。 恋愛偏差値の高い人は自ずと自己効力感が高くなるので、 リスクを冒して挑戦する姿勢が身につく…

ぶらさがり社員と二八の法則

私の会社の人たちを見ていると、特定の人の働きに、 その他大勢の人がぶらさがっているようなものだなあと感じます。 こんな状態って、頑張って支えている側の人にとっては、 なんだか理不尽なことなのかもしれませんね。 でも、この間、テレビで二八の法則…

ソーシャルキャピタルの活用

異性間のソーシャルキャピタルを女子が活用するには、 いろんなスタイルがあります。 代表的なのは、一挙に金持ちオヤジをゲット。 伝統的な「玉の輿」作戦ですね。 最近の話題では大江アナ。一発逆転で資産100億の男ゲットって・・・ すごすぎ!! エリート…

努力が嫌いな人のライフスタイルは?

人はいろいろと好き嫌いが分かれます。 世の中には努力が好きな人もいれば、嫌いな人もいる。 努力の好きな人には、それに向いたライフスタイルがあるのでしょう。 ですが、努力の好きな人のスタイルだけが、正しいわけではありません。 努力の嫌いな人にも…

創造的破壊が閉塞感を打ち破る

ナンパ師が女子を落とすために最も大切なことは、 「どんな美女でも、全ての女子には価値が無い」 というマインドセットを持つことだそうです。 普段からチヤホヤされている恋愛偏差値の高い女子ほど、 いくら親切にしたところで意味がない。 言われてみれば…