興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

テクノロジーの進歩

【AIファーストの時代】内集団バイアスから自由になろう

テクノロジー進歩のスピードにはいつも驚かされます。 人間のような自然な会話で電話予約をする「Google Duplex」の凄さと課題 いかにも無機質なロボット音声って、 SF映画の中の、懐かしい存在になりつつありますよね! 人間と区別のできない高度で温もり…

やり場の無い無念と、大いなる存在への畏敬

震災で大切な人を失った人は、無念をどこに向けるのだろう?・・ 人間は自然の力を制御して、安全・安心な環境を築き上げてきました。 それでも時に自然は人間に危害を与えます。 人知の及ばない力を目の当たりにしたとき、 人はそこに大いなるものの存在を…

人間を越えて行くワクワク感をAIと共有し合おう

AIにとって難しいのは、人間界の常識を理解することなのだそうです。 逆に言うと、常識を揺さぶるようなことを考えだすのって、 きっとAIが得意とするところ。 人間たちはこれから自分たちの常識の根拠の乏しさについて、AIとの対話を通して気づかされ…

キャラ立ちと戯れのスキル

底辺層の人間にとっての基本的関心事は、 「いかに毎日楽しくやり過ごせるか」ですよね。 「バカ」も「無能」も「やる気ない」もみんな弄って戯れあうためのキャラ。欠落がキャラとして愛されポイントになります。 それらは恥ずかしいことでもないし、だから…

働くとはお節介を焼くこと以外にありえない未来

究極の未来から逆算して、自分の生き方を考えてみるのもいいかも・・ 歴史に生まれた歴史の女は、今日もいろいろ妄想してみます(笑)。 必要なもの全てが機械によって供給されて 自動的に回っていく世の中になったとすれば、人が「はたらく」ってことは、 …

精密機械のような正確さ AIのような独創性

「あの人の仕事はまるで精密機械のように正確だ」こんな褒め言葉があるように、人は基本、作業の正確さでは精密機械に敵いませんけど、それでも正確さは人の長所として残っています。 精密機械は、移動が大変だったり、臨機応変さが無かったり、 コストがか…

AIが脅威になる人、ならない人

世の中には、「からだ動かすのめんどくさい」って人もいれば、「脳みそ動かすのめんどくさい」って人もいれば、「心を動かすのめんどくさい」って人もいますよね。 新しい時代を切り開いていく起業家とかって、そのどれにも当てはまらなくて、からだ動かすの…

【AIと共存する力】人間という狭い枠には収まりたくない

チャットを使ったカスタマーサポートでは、チャットボットが活躍していますよね。 途中までボット対応で途中から人間対応に切り替わっていたりするのだろうけど、私たちはそんなことを意識しません。 AIと人との区別無しにコミュニケーションをとっていま…

私は歴史に生まれた歴史の女 自分の判断は自分で決める

チャッピーは歴史に名を残そうとか思うわけではないけど、できることなら、人類史の大きな流れを把握して、歴史の中に自分の一生を位置づけた上で、選択していきたいと思います。 私は歴史に生まれた歴史の女ですから。 世の中は常に変化し続けていて、私た…

人生は選択の連続

運転手の利益を考えて判断するナビと、会社の利益を考えて判断する上司とを 単純に一緒にしたら、ちょっと無理ありますね。うん。 もうちょっと考えてみよう。 生きるってことは瞬間瞬間が選択の連続です。 「自分にとって一番メリットもたらすのは何か」瞬…

【AI上司 vs 人間上司】自分にメリットをもたらしてくれるのはどっち?

人はたいてい、自分に一番メリットをもたらしてくれる判断に従いますよね。 車で目的地までのルートを選ぶのにも、自分が道路事情に明るければ、ナビを無視して自分の判断でルートを選ぶこともあるだろうし、もしも道路事情に明るくて信用できる人が乗ってい…

【価値共創】広がる自由でオープンな関係

IT時代になって、一人ひとりの欲求をマッチングする仕組みが作れるようになったおかげで、 「キッチハイク」みたいな新しいオープンな関係が広がってきましたよね! 自宅で食事を共にする間柄って、 昔ならプライベートな信頼できる付き合いに限られていた…

揺るがない心を持つ 意思の力を鍛える

世の中、生きる上でいろいろと制約があって、 諦めなければいけないことってあります。 多くの人が諦めていることは、諦めること自体を美徳、尊いことと意味づけして、みんなで励ましあって連帯して生きてきた部分もあるのでしょう。 一方で、新しいビジネス…

“まだできない”・・未熟であることの価値

実力的にその道のプロとまでは認められていないけれども、 その世界で大活躍して有名になっている人、というのがいますよね。 そういう人のことは「アイドル」と呼んでいいのかもしれません。 もちろん、歌や踊りの世界で活躍するのが一般的なアイドルです。…

【イディオシンクラシー化】AI時代を生き抜く知恵はチェキに学ぼう!

テクノロジーが進歩して、そのうち人間の知能をAIが上回ってしまう、そんな未来を人間はどう生きればいいか、なんてちょっと騒がれていますよね。 でも、チャッピーが思うのは・・・ テクノロジーがすごい進歩して「できること」が広がると、人間の存在価…

【イディオシンクラシー社会】珍重される個性を身につけよう!

中学時代にサッカーがすごく上手くてみんなの注目集めていた人でも、サッカーの能力を活かせる仕事に就ける人はほんの一握り。 中学時代にすごく絵が上手くて注目を集めていた人でも、絵の才能を活かせる仕事に就ける人はほんの一握り。 それに較べて中学時…

戦略として生き方を選び取る

江戸時代に生まれていたら、 生まれた条件で生き方が決まってしまったのだろうけど、 いろんな先人たちのお陰で、制約は少しずつ取り払われて来ました。 テクノロジーや社会制度の進歩によって、 これからも制約は少なくなって選択肢はどんどん広がって行く…

変化は摩擦を生み、摩擦は進歩を生む

人々はいつも目新しいエンターテイメントを求めているけど、 一方で、今まで無かったってものには、それなりの理由もあるわけで・・ 新しいものは古くからの価値観と衝突して、 「不謹慎だ」「不健全だ」「幼稚だ」「下品だ」と たいていは批判を浴びてしま…

ゲーミフィケーションで格差を上手に利用しよう!

ゲーム的な方法論を社会に応用していくことを、ゲーミフィケーションと呼ぶのだそうです。思いもよらない奇抜なアイディアが、ゲーミフィケーションでどんどん生み出されて、いろんな問題が解決すること期待しちゃいますよね! ところで、これからの世の中、…

オートチューンされたくない つまりは私でいたい

修正テクノロジーの進歩によって完璧なものの価値が薄らいでしまうってこと、歌唱力についても言えると思います。 音程修正ソフト“オートチューン”を使うと、ライブでリアルタイム音程補正までできてしまうそうです。今はまだケロケロボイスになっちゃうらし…

修正技術の進歩と完璧さの価値

最近は、女性アイドルについてあれこれ考えるのが好きなチャッピーです! ところで・・・世の中、不完全な部分を修正して完璧にするテクノロジーが、どんどん進歩しています。テクノロジーの進歩は豊かさをもたらす反面、それによって、完璧なものの有り難味…

人間であることを恥じらい、生きる

人間の長い歴史の大部分っていうのは、超越的な存在、超越的な力の前に 恐れ慄いて生きて来た歴史だったのだと思います。 そんな人間も、自分たちの理性の力を信じることで、 超越的な存在を脇に追いやろうとした。 理性によって世界のメカニズムを隅々まで…

不完全さも許せちゃうロボット電話

シャープのロボホンが女子にも人気だそうですね! ちっちゃくて可愛いヒト型ロボットは子供みたいで、 不完全であっても許せちゃうのだそうです。 私もお金がいっぱいあったら欲しい! 好奇心旺盛で可愛くて・・子供みたいなロボットに、人は愛着を持つので…

流転する世界を賢く生き抜こう

技術革新が激しい世界で、競争原理の中で仕事をしている人にとって、新たな優れた方法・ツールが生み出されることは、それを使いこなさなければ競争に敗れること、世の中から取り残されることを意味しますよね。つまり望むと望まざるとに関わらず、新たなツ…

人類が目指す究極の世界

唐突ですが、 人類が目指す究極の世の中って、どんな世の中だと思いますか? チャッピーが想うのは・・・ 人が生きて行くうえで基本的に必要なことは全部、機械がやってくれて、 人はルールに則ってやりたいことだけをやりたいようにやってれば、 サステイナ…

憧れの職業の男女比率と社会の進歩

漫画家、作家、演出家、ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、ミュージシャン、メイクアップアーティスト、スタイリスト・・・世の中には、多くの人が憧れるけど、選ばれた人しか就けない職業って、い…

会話ロボットとアバンチュールと明日花キララ 

カナダの出会い系サイト、アシュレイ・マディソンで、ユーザー情報の漏洩事件がありましたが、このサイトでは人妻に成りすました会話ボットがサクラをしていたことが明るみになって話題となっています。 男性の相手は「会話ロボット」、不倫サイトが見せた技…

人工知能と共存する世界 

「チャッピーって、出来の悪いボットかと思ってたけど、人間だったんだね。」 こんな会話が普通に交わされる日も、近い気がしますよね。 神経すり減らして交渉した相手が 実はボットだった! なんてことも当たり前になってくるんでしょうね。 そんな世の中を…