読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味本位で生きて行こう

うたたね社会派チャッピーの、ほっこり思考

イノベーション

不完全さも許せちゃうロボット電話

シャープのロボホンが女子にも人気だそうですね! ちっちゃくて可愛いヒト型ロボットは子供みたいで、 不完全であっても許せちゃうのだそうです。 私もお金がいっぱいあったら欲しい! 好奇心旺盛で可愛くて・・子供みたいなロボットに、人は愛着を持つので…

【エンターテイメント社会】枠を壊すことがエンターテイメント

世界を変えていく物語はとても魅力的で、そこに関わりたいと望む人も多いだろうと思います。 チャッピーだって、せっかく生きてるのだから関わりたい。 アイドル戦国時代と言われて久しいですが、 今までの常識を覆す人気アイドルはまだまだ現れます。 それ…

【諸行無常】価値観は移り変わるし・・

今は時代の転換期なので、価値観の大きな変化が起きているとよく言われますよね。 価値観が変化するってことはつまり、「望ましいもの、尊いもの、誇らしいもの」かつてはそう信じられてきたものの価値が揺らいできて、「忌まわしいもの、卑しいもの、恥ずべ…

王子様に運命投げず 自ら戦う意志

社会の常識が変わる、秩序が変わるって事は、今までの秩序の中で既得権益を得ていた人にとっては脅威になります。だからそこには必ず反発があるんでしょう。 「女は貞淑で一人の男に従順に尽くすもの」そんな古い女性像があって、その秩序の中で既得権益を得…

流転する世界を賢く生き抜こう

技術革新が激しい世界で、競争原理の中で仕事をしている人にとって、新たな優れた方法・ツールが生み出されることは、それを使いこなさなければ競争に敗れること、世の中から取り残されることを意味しますよね。つまり望むと望まざるとに関わらず、新たなツ…

アダルト向け産業で期待される女性の活躍

エロに肯定的な目線でその文化や産業を語ることって、男性がすると「男性中心の身勝手な意見」と批判にさらされる。 それで、愛好家向けの限られた市場に閉じ込められがちなんだと思います。 そう考えると、そこには女性の活躍が期待される未開のフィールド…

境界線を突き崩してゆくもの

早くも恵比寿★マスカッツのデビューシングル、TOKYOセクシーナイトのジャケット写真が公開されていますね!そして、川上奈々美さんとティアさんがセンターなんですね。 なんかカッコいいですよね!美しき戦士たちって感じの凛とした雰囲気! ところで、…

逆勝負パンツ着用における、エロスとギャグの逆転効果

漫画家、峰なゆか氏の考案した「逆勝負パンツ」に関して、特筆すべき現象が発見されたので、ここに報告する。 逆勝負パンツとは、デートで安易に身体を許さないよう自制するために着用する下着であり、男性には見られたくない色気のないダサいパンツのことで…

セクシーアイドルグループ・恵比寿マスカッツ再結成!冠番組マスカットナイト放送決定!

「一番愛されるのはクラスで2~3番目」などと言われてきたアイドル界にも、 正統派回帰のトレンドがあるようですね。 そんな流れで注目されているのが、乃木坂46センターの白石麻衣さん。 まさに正統派で清純派の美人なわけですが、 一方で、あまりに整った…

モノづくりからコトづくりへ

イノベーションに優れた企業は、人のつくったものは遅かれ早かれ、 通常は早く陳腐化することを知っている。 ―ピーター・ドラッカー 「マネジメント・フロンティア」より― かつてのイノベーションは、モノの価値の陳腐化が中心でした。 技術革新によって機能…

未知の窓を開こう

佐村河内守氏は、壁に後頭部をどんどん打ちつけたり、 床をのたうち回ったりして、 「エアー作曲」という新しいジャンルを生み出し、 私たちに感動と勇気とを与えてくれました。 彼が行ったのは、未知の窓を開くことだったのでしょう。 未知の窓を開くこと・…

創造的破壊が閉塞感を打ち破る

ナンパ師が女子を落とすために最も大切なことは、 「どんな美女でも、全ての女子には価値が無い」 というマインドセットを持つことだそうです。 普段からチヤホヤされている恋愛偏差値の高い女子ほど、 いくら親切にしたところで意味がない。 言われてみれば…